アラスカ航空でロサンジェルスへ@カンクン空港

【アラスカ航空のチェックインカウンターで】
カンクンからロサンジェルスへのアラスカ航空(Alaska Airlines)は、午後5時58分カンクンを出発する予定だ。
ロサンジェルス到着が、同日午後9時36分の予定。

しかしフライト時間は3時間半ではない。
カンクンとロサンジェルスの間には時差が2時間あるので、約5時間半のフライトだ。

5時間半といえば結構な時間だよ。
ロサンジェルスから中南米は一っ飛びという印象があるが、案外と時間がかかるものなんだよね。

僕は午後6時のフライトなのに、午後1時にカンクン空港へ着いた。
最近は空港でのセキュリティチェックが厳しいので、どの空港でも3時間前に到着するように勧められている。

ということは、2時間程度時間を潰さなければならない。
でも空港にいれば時間の潰し方はいろいろある。

空港のカフェで軽く食事を取りながら、これまでの日記を付ける。
B5版のノートに切符や書類をホッチキス(stapler)で留めたり、旅のその時々で気がついたこと、旅行計画なんかをを走り書きしてある。

それをちょっと整理しなければならない。
僕の旅行ノートにポイントだけを移していく。

その中で面白いことに気がついた。
HISで切符を買ったときの書類を、改めてじっくりと見る。

この切符は帰国便を変更可能だ。
ただし、変更には50ドルと(なにか差額が出れば)その差額を払うようになっている。

僕は昔、キューバへ行く時に同じような切符を使ったことがある。
その時は、キューバからメキシコシティに戻ったその空港のカウンターで、帰国日を変更して、とっととロサンジェルスへ戻った。

このときの変更手数料も50ドルだった。
だから、もともとの期限内の変更は50ドルで可能だろうね。

米国で切符を買うときは、僕の体験で言うと、ほとんどの切符は指定された料金を払えば変更可能だったよ。
ベネズエラに行った時なんか、あまりにベネズエラがひどいので帰国日を早くしに、航空会社のオフィスへ行った。
たしか変更手数料を払わなければならなかったはずだが、どういう理由か無料で変更してくれたものだ。
と、旅行代理店のレターを見るだけでも、結構時間が潰れるものだ。

面白いのが、航空券代金が244.48ドルと書いてあって、そのあとに「HIS FEE/$20」とあること。
つまり、この航空券の手数料が20ドルだとはっきり書いてあるんだ。

これが本当にそれだけの手数料なのかどうか(他にも何か収入があるのかどうか)わからない。
にしても、日本では旅行代理店の手数料がいくらなんて、書類に書かないよね。

これは興味深い。
それで切符をじっくりと見ると、

FARE USD150.00
TAX/FEE/CHARGE US30.20
TAX/FEE/CHARGE XT64.28
TOTAL USD244.48


つまり、税金やいろんな加算を除くと、もともとの切符の値段は150ドルというわけだ。
これは安い!

なぜ、これをしつこく書いているかというと、僕がロサンジェルスのHISに飛び込みで安い切符を買ったことを自慢したいからだよ。
ただ、それだけの理由なんだよ。
他には何の意図もないので、純粋に感心してください(笑)。

しかし時間が十分にあったのに、機内預けにするバックパックを整理をしてなかった。
朝ホテルを出る時に、適当に詰め込んだだけだ。

チェックインをしようとしたときに、機内持ち込みのディバッグにスイスアーミーナイフが入っているのに気がついた。
あわてて、バックパックの外のポケットにナイフを入れて預けなおす。

それでも、ワインオープナーが残っていた。
これは手荷物検査で引っかかって、見事に没収された(涙)。

もっと昔は、大韓航空なんかワインオープナーを機長預かりにして、到着したロサンジェルス空港でもらいに行ったものだ。
さらに昔は、フィジーに行った時、チェックインの時にスイスアーミーナイフが引っかかって、機長預かりになった。

その時は後に離婚した女性と一緒だったが、フィジーの空港で、JALの機長が直々に「物騒なものを持ってましたねー(笑)♪」と手渡してくれたよ。
「機長預かり」とは今はもちろん名ばかりなんだろうけれども、昔は本当に機長が預かってたわけだ。

ねー、いろんな面白い話を知ってるでしょ。
これが全部、体験談だというのが、世界旅行者みどりのくつした(みど先生)のすごいところなんだよね。

しかし、カンクン空港の待合室の飲み物食べ物はボッタクリ値段だったよ。
ロサンジェルス国際空港でも、軽くビールを飲むと7ドルくらいする。

その点成田空港の飲み物食べ物はごく普通の値段だ。
こういうことも、注意しておいた方がいいよ。

【旅行哲学】空港にいるだけで、いろんな旅のウンチクが湧いてくる、それが世界旅行者先生だ(笑)。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx