誰もいない「CASA ELENA HOTEL」@SANTA ELENA/グアテマラ

【「CASA ELENA HOTEL」のプール】

【プールからフロント方面を見る】
グアテマラの入国審査を済ませて、マイクロバスが出発するのが11時41分。
午後1時10分、途中の町でトイレストップがある。
出発が、午後1時45分。
午後3時過ぎにはサンタエレーナに入った。

僕は1989年にこの町には来ているので、サンタエレーナの土地勘がある。
通りには番号順の名前が着いているし、そんなに広くないところだからね。

だからバスがどこをどういう風に通っているのかわかる。
バスは、とっくにサンタエレーナの町に入っている。
でも、旅行者を降ろそうとはしないで、無駄に動いている。
それはね、サンファン社の担当者が翌日のティカルツアーの予約を取っているからだ。
予約を取って、金を受け取る。
旅行者を早く目的地に送り届けることよりも、自分の金儲けのために引っ張りまわしているんだよ。
で、欧米人旅行者は人を信じやすい単純な人が多いのか、どんどんツアーを申し込んでいる。
ただ、旅行者の中には、もちろん現金を持っていない人もいるわけだ。
金のない人の予約は取らなければいい。
ところが、金の亡者になったサンファン社の担当者は、サンタエレーナの町のATMのある場所にバスを停めた。

そして、旅行者にそれぞれ金を引き出させ始めた。
つまり、ツアーの申し込みをする人に金をATMから出させるために、他の旅行者を連れまわしているんだ。
僕はウンザリした。
しかし、僕はもともと女々しい人間なので、決断力がない。
非常に知的に見えるドイツ人中年女性はとっととバスを降りる。
バックパックを降ろさせて、自分でどこかへ行ってしまった。

僕は同じバスに乗っていた日本人男性に言った。
「こいつらは、旅行者を囲い込むことで金儲けをしているから、ツアーに申し込むまで離さないですよ」と。

でも、僕は(このときは自分でもイヤになったのだが)文句を言いながら、バスに乗っていた。
最終的にバスは、フローレス島の一周道路で停車して、ホテルの紹介をし始める。

僕はこのときまでには、さすがにキレていた。
だから、バスからバックパックを降ろしてもらうと、ズンズンと歩き出した。

目的地は、フローレス島からコーズウェイ(土手道)でつながっているサンタエレーナだ。
だって、1989年にはサンタエレーナが中心だったんだから。

そしてもちろん、サンタエレーナにはサンファン社がある。
サンファン社には、とにかく、「ベリーズ経由でメキシコのチェトマルへ行くツアーバス」があるらしいからね。

それならば、バスに乗っていたサンファン社の男に事情を聞けばいいだろう。
ただ、僕は、その男を信じていなかった。
また、いろんな条件を聞いて比較するためには、オフィスでじっくりと話をしたかったんだ。
サンタエレーナのコーズウェイを渡り終わったところにある「CASA ELENA HOTEL」へ行く。
これは確か、「Lonely Planet」でチェックしていた。
大きなホテルだが、ロビーもがらんとして、客がいる雰囲気がしない。
部屋を見せてもらって、とにかく214号室に決める。
200Q(ケツァル)、この時期1ケツァルが15円と考えて、3千円。
もちろんこの値段だと、シャワートイレ、テレビ、エアコンつきだ。
ただこの夜、僕のほかは誰も泊まってないような雰囲気だったよ。

ホテルをサンタエレーナに決めたのは、サンファン社に、グアテマラ脱出方法を、いろいろと相談するためだ。
ホテルのまん前に、サンファン社のオフィスがあったので、お姉さんたちにいろんな情報を聞く。

まず、翌朝のティカル遺跡行きのバスの予約をする。
フローレスからカンクンへのダイレクトフライトのことについて、いろいろ聞く。

結局、バスでチェトマルまで行くことにした。

翌朝、ティカル行きのマイクロバスを待っているとき、暇つぶしにホテルのプールへ行ってみる。
これを見ても、なかなかまともなホテルだとわかるだろう。

シーズンになると込み合う可能性もあるかも。
でも、2007年の2月は、旅行者はみんなフローレス島に集まっていて、このホテルはがらんとしてました。

【写真】「CASA ELENA HOTEL」
【旅行哲学】旅の流れが変わると、いいホテルもがらがらになる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx