エルカスティージョ(ククルカン神殿)にて@チチェンイツァ

【エルカスティージョ@チチェンイツァ/メキシコ(2007)】
カンクンでは滞在せずにすぐにチチェンイツァへ行くというので、前日にバスターミナルで「CANCUN〜CHICHEN ITZA」の切符を買っていた。

ADO社の1等バスで、出発が午前9時、到着は正午の予定。
料金は142ペソ。
この時期(2007年2月)のペソのレートは、1ペソ=10.9円。
こういうときは、計算が面倒なので、1ペソは10円と考える。

実は、僕が1989年にメキシコを旅行していた時は、メキシコのバスの料金は1時間あたり1ドルと考えていた。
それで計算すれば、3時間だから3ドルでいいはす。
しかし、さすがにメキシコの物価も高くなっていて、3時間で1500円。
つまり、1時間当たり500円。

ただこのADO社のバスは非常に快適だった。
シートピッチも広く、十分にリクライニングする。
もちろん座席指定で、ビデオ映画の放映もある。
バックパックはバスの下の荷物入れのスペースに収納して、ちゃんと荷物預かりのチケットをくれる。
問題なのは、冷房が効きすぎるところ。
ADO社の1等バスに乗るときは、Tシャツだけでは寒いので、上に羽織るものを用意した方がいいね。

途中にちょっと大きなバジャドリ(Valladolid)という町があった。
この町は何もないが、どうやら交通の要所らしい。
例えばベリーズ国境近くのチェトマルからチチェンイツァへ移動する時は、カンクンへ行かずに、バジャドリへ移動して、そこから乗ればいい。
途中からバスに乗っても、少なくともADO社のバスはコンピューターで座席の管理をしていて、席は確保されるので安心だ。

バスは正午過ぎにチチェンイツァの駐車場に着いた。
ずらりと大型観光バスが並んでいる。

普通の観光客は、カンクンからのツアーでやってくるので、個人でバスに乗る人は多くないのだろう。
というのは、ADO社のバスの本数も少なかったからね。

チチェンイツァの切符売り場に進むと、入場料は95ペソ。
切符が45ペソ、手首に巻くテープが50ペソの合計だ。

ところが、切符売り場のおばあさんが意図的かどうか、テープを渡さなかった。
それで、遺跡の入場口で入場を拒否された。

あわてて切符売り場へ戻って、テープを渡すように英語で交渉する。
このおばあさんは多分ボケていたのだと思うが、わけがわからないし、横のおじさんも「お前はいつ来た」などと言う。
僕が数分前に切符を買ったことを覚えていないはずがない。
大声を出して、テープをゲットする。
それから、バックパックを荷物預け所に持っていく。
このとき、「地球の歩き方」には、荷物預け料金が30ペソと書いてあったが、無料で預かってくれた。
「地球の歩き方」には、チチェンイツァの入場料が68ペソとあったわけだが、実際は95ペソだった。
まあ、入場料と荷物預け料の合計が、「地球の歩き方」に寄れば98ペソと書いてあるわけだ。
実際は、入場料が95ペソ、荷物預け料が無料だったので、合計は95ペソ。
結果的には、似たような合計になっているのが、興味深い(笑)。
チチェンイツァは入り口からまっすぐ進むとそこに、エルカスティージョ(ククルカン神殿)が見える。
1989年にはこのピラミッドへ登ることが出来たが、今では登れないように柵が出来ている。

それよりもなによりも、観光客の数がものすごいね。

【写真】エルカスティージョ(ククルカン神殿)にて@チチェンイツァ
【旅行哲学】観光地は入場料が上がり、観光客が増えて、どんどんつまらなくなるもの。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 中米北上 mexico world index


xxx