『ロサンジェルスのダウンタウンは危ないのか?という問題の回答』

【世界旅行者@ミルナーホテルの前/早朝のダウンタウンロサンジェルス(2007)】
アメリカも物価が上がってしまって、特に興味深い旅先ではなくなった。
1989年から1991年ごろまでは、正直、物価は異常に安くて、普通の旅行者も簡単にアルバイトが出来て、長期滞在も可能だった。

そのあと、法律が変わって、不法滞在、不法労働への罰則が厳しくなった。
何よりも物価が上がってしまったので、いまは米国自体、それほど魅力的なところではない。

でもまあ、燃油サーチャージがどっさりかかっても、ロサンジェルスへ短期のツアーで行く人は多い。
そういう日本人の安いツアーの場合、宿泊するホテルはダウンタウンのど真ん中にある「フィゲロアホテル」か「ウィルシャーグランドホテル」となることが多いようだ。

ここで問題になるのが、夜のダウンタウンの安全性。
昼間に観光地へ行って、バスやメトロで帰ってくると夜になる場合だね。

夜のダウンタウンを、バス停や地下鉄駅からホテルまで歩くのは、危険か安全か?
これは、ネットの海外旅行掲示板でも、繰り返し繰り返し出てくる質問だ。

ところである町を歩いて安全かどうかは、頭で考えてもダメだ。
まずとにかく、自分で歩いてみなければならない。

そしてその危険を、他の危険な町を歩いた経験と比較するわけだ。
比較するためには、いろんな町を歩いてなければ話にならない。

特に、危険だといわれる町を歩いた経験がないと何もいえない。
もちろん、ロサンジェルスの町を歩いた経験が豊富でなければダメだ。

ロサンジェルスのダウンタウンのホテルに泊まるという話だから、ダウンタウンのホテルに泊まった経験も必要。
まあ、その条件を全部満たすのは、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)しかいないわけだよ(笑)。

【世界旅行者@昼間のロサンジェルスダウンタウン(2007)】
僕は、危険だといわれる町を歩いた経験が豊富だ。
まあなんといっても、世界で一番危険な町「ヨハネスブルグ」のダウンタウンを歩いてないとダメだね。

もちろん僕はヨハネスブルグを歩いたが、すぐに危険を感じて、その日のうちにケープタウンへ脱出した。
さらには、マイアミのダウンタウンも危険だ。

マイアミダウンタウンは、なにしろ午後6時になると、ほとんどの店がシャッターを閉めて人っ子一人いなくなる。
僕は、港のモールで映画を見たあと、マイアミダウンタウンの安宿まで、駆け足したことがあるからね(笑)。

さらには、僕はいまはとても歩けないと言われているナイロビの夜を、あちこち歩き回っていたよ(1988)。
西アフリカのダカールでは、歩いて5分でもタクシーに乗るのが常識だった(2001)。

南米ではストリートチルドレンで有名な恐怖の町、リオデジャネイロの夜中に、イパネマ海岸を歩いて、市バスに乗って、リオデジャネイロのど真ん中まで戻ったこともある。
もちろん昼間は、リオを歩き倒していた。

また同じくブラジルの、サルバドール(バイーア)の旧市街も危険だ。
これも僕は、夜中に歩きまわって、教会を見たことがある。

その膨大な経験を持つ世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)が判断するね。
ロサンジェルスのダウンタウンは、見た目ほど危険ではない。

誰が見ても、ひとっこひとりいない夜の巨大都市のビジネス街というのは、気持ち悪いものだ。
考えなければならないのは、「危険そうに見えるところが危険なのか?」という問題。

自分以外に、他に人がいない場所ならば、泥棒も強盗もいないのだからチョー安全(笑)。
ロサンジェルスのダウンタウンは、夜はまず人がいない。

だから、実際は、普通の人が感じるほど危険ではない。
僕自身、午前4時ごろにダウンタウンを歩いて、24時間営業のダイナーに行ったことがあるからね。

確かに、大声を出すホームレスさんとか、ちょっと気味悪い人もいた。
でも、こんなミエミエのところで人を襲うことは、普通はない。

危ない人の近くを通ることになったら、別の道を使えばいいだけだ。
ロサンジェルスのダウンタウンは、碁盤の目状なので、道に迷うこともない。

まず、夜中にロサンジェルスのダウンタウンを歩いている人が、多額のキャッシュを持ってるはずもない。
俗説で言われているように、20ドル札程度を強盗さんに寄付するために持っていれば、特に問題はないと思う。

それでは、ユニバーサルスタジオからメトロレッドラインで7番街のメトロセンター駅から、すぐ目の前のウィルシャーグランドホテルへ行くのがゼッタイに安全かという個別的な問題がある。
日本人旅行者というものは、常にみんながやることをやるものだ。

もし、日本人旅行者が僕のこの文章によって、夜のダウンタウンを歩くのを危険だと思わなくなったら危ない。
日本人が夜のダウンタウンを歩くことが常態化したら、また別の話だよ。

お金持ちの日本人が毎晩同じ時間に、同じルートで夜のダウンタウンを歩く。
としたら、それを目当ての泥棒さんが出てくると考えられる。

いくら世界旅行者でも、そこまでは責任をもてないんだよ。
結局、「ある場所が安全かどうか」というのは、自分の感覚で自分で判断すること。

どんなに安全といわれるところでもリスクは存在する。
そのリスクをどうとらえるのかというのは、自分で考えるしかないんだよ。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx