ロサンジェルスダウンタウンを歩く@ブロードウェイ

【ブロードウェイを歩く世界旅行者みど先生】

【ロサンジェルスダウンタウンのブロードウェイから6thの角を見る】
間違いだらけの海外個人旅行」から「ゲッティへの長い道
l

5:ダウンタウンを歩く
僕は4番街にある「ホテル加宝」を出るとダウンタウンの中心部を目指して、とことこ歩き始めた。
「ロサンジェルスダウンタウンは危ない」というのがなぜか日本人の間では定説になっているが、ほとんど根拠はない。
旅行をはじめとする世の中のすべてのウンチク話では「そんなことをしたら危ないよ」と言ったほうが重みが出て、なぜか物知りのような感じを与える。
「危ない、危ない」と繰り返す人はなにかいろんなことを知っているような印象を与える。
が、本当にそうなのか、それはわからない。
例えばどこでもいいから、海外旅行へ行くとする。
そうすると、旅行先がどこでも、パリでもハワイでもイスタンブールでも、必ずこう言う人が出てくる。
「普通の日本人は安全だと思ってるけれど、そこは実は一歩脇にはいると危ないんだよ。日本人女性を狙った強姦事件や日本人観光客を狙った強盗事件が最近増えてるんだが、観光客が減らないように警察も隠してるんだ」
「日本人を狙ったクレジットカード詐欺があるから、自分で小さな店に入らず、定評のあるDFSで買った方がいい」
「日本人は世界中で狙われているから、海外旅行では安全なところはほとんどない。とにかく一人歩きは絶対に止めて、出来るなら買い物と食事をする以外はホテルの部屋から一歩も出ないほうがいい」
こういう話は、実はツアーガイドが常に口にすることだ。
ガイドはできるだけ客を一人歩きさせず、囲いこんで自分の目の届くところに置いておくのが腕だから、これはお仕事として仕方がない(と、許してもいい)。
しかし、ガイドの言うとおりにしか行動できないグループツアーマニア、ガイドを「旅のプロ」と勘違いして崇めたてまつる、旅行経験のほとんどない素人旅行者、つまり自称「旅行通」諸君がこういう耳学問を広めるのは迷惑だ。
このタイプの人間は、自分が物知りだと見栄を張りたいためだけに、こけおどしのいい加減な話をばらまいているのだから。
さて、日本人でLAのダウンタウンについて話せるのは、ダウンタウンを自由自在に歩き回っている僕しかいない。
LAにいる日本人はだいたい車を持っているから、ダウンタウンを歩くことはない。
第一わざわざダウンタウンを歩く用事がない。
でも歩けばわかるが、ダウンタウンは本当にいろんなものがあって、面白いんだ。
旅に出る喜びのまず第一は、外国の町を歩き回って、街角でいろんなものを見つけるってことなんだからさ。
その僕が言うが、ダウンタウンは危険ではない。
ホームレスの人たちは、お金がなく家がないだけで、いい人たちが多い。
いい人だからこそ、お金儲けが出来なくて、ホームレスになっちゃったんだからね。
僕が、鋭い目つきでさっさと歩くと、親切に道をあけてくれたりする。
以前は「チェーンジ、プリーズ」とか言って、小銭をねだるホームレスもいたが、アメリカの景気がよくなったせいか、最近はそんなこともない。
「ホテル加宝」に泊まっていた若者は、ホームレスから小銭をねだられて「ノーマネー」と返事したら、気の毒がられて、逆にクオーター(25セントコイン)をもらったこともある。
タバコを吸いながら歩いていると、タバコをねだられることもあるが、これはもっていたら、一本ぐらいあげたらいい。
するとちゃんと、礼儀正しく「サンキュー、サー」とお礼を言ってくれる。
4番街からロサンジェルスストリートを南へ下り、6番街の角を右へまわると、ちょっと寂しい通りに出たが、ここの歩道には死体が一つ転がっていた。
「道路に死体」は、ときどき見るLAダウンタウンの風物詩なので、特に興味も持たず、通り過ぎる。
きっと薬をやりすぎたのだろう。
こんな死体を見れるのも、LAのダウンタウンを歩く楽しみだ。
日本ではまず見れないんだから。
街角を曲がると、そこには常に新しい驚きがあるのがLAのダウンタウン。
僕はそのまま6番街を歩き、ダウンタウンのど真ん中の公園パーシングスクエアに入り、椅子に座り込んで、近くで買ったテイクアウトのピザを食べて、肩の力を抜いて、ほっとため息を漏らした。
実は、危険なホームレス地帯を無事に通り過ぎたので、力が抜けてしまったのだ。

「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx