「ダッシュA」の運転手さんはとても親切

【ダッシュの運転手さんは世界旅行者を無料で乗せてくれました】
ロサンジェルスのコミュニティバス「ダッシュ」はとても便利で、LAへ行く度に路線が増えている。
運賃は25セントで、クオーター(25セント硬貨)を運賃箱に入れる。

リトル東京の問題点は、地下鉄の駅からほんの少しズレているってこと。
だから、ダッシュAを使って、地下鉄の駅やダウンタウンの中心へ移動すればいい。

問題なのは、これはダウンタウンに人がいるときのバスなので、夜になると動いてないけどね(涙)。

さて、僕はダウンタウンのビジネス街のど真ん中のホテルに泊まった。
しかし、ビジネス街の中心というのはあまり面白くない。

そこで、しょっちゅうリトル東京へ通って、日本の本を買ったり、日本食を食べたりしていた。
セブンスとフィゲロアの角から、ダッシュAに乗ると、リトル東京へ直行だ♪

いつものようにダッシュAに乗り込んで、クオーターを出そうとしたら、あいにく小銭入れを忘れていた。
それで、(どうせ安いのだし)1ドル札で払えるか聞いてみた。

すると、運転手さんは料金入れを手のひらでふさいで、バスの中へ進むように合図する。
つまり「無料で乗せてあげるよ」という意味だ。

「サンキュー♪」と、感謝して中へ進んだ。
この路線は日本人のおじいさんおばあさんが多いので、全体的にやわらかな雰囲気だ。

ダッシュを降りて、写真を撮ってもらおうと、バスの前に立つ。
すると運転手さんは、わざわざバスを少し停めて、写真が取りやすいようにしてくれた。

もちろん、ここでも目を合わせて手を上げて、感謝の気持ちを伝えた。
そのちょっと後、リトル東京プラザ(昔のヤオハンプラザ)の前を歩いていたら、同じダッシュとすれ違った。

運転手さんも僕に気が付いて、互いに手を振って挨拶を交わしたよ。
こういうところが、僕の大好きな、ロサンジェルスの気楽な雰囲気なんだよね。

しかし、ダッシュに乗るときには25セントを用意しておきましょう!
【写真】無料で乗せてくれたダッシュAの前で
【旅行哲学】ロサンジェルスの気楽な雰囲気はまだ生きていたってことね。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx