チチェンイツァは観光客で大賑わい(2007年2月)

【セノテからエルカスティージョへの道】
ユカタン半島の2月というのは、一応乾季だ。
おそらくそれが理由で、ヨーロッパや北米からの観光客がカンクンなどのユカタン半島のリゾート地にやってくる。

チチェンイツァはちょうどカンクンから日帰りに最適な距離(専用バスなら片道2時間半)にある。
また、マヤの遺跡の中では、世界的によく知られている。

ピラミッドも、セノテも、球戯場も、戦士の神殿もあり、観光客用の設備も整っている。
となれば、ビーチに来た欧米人旅行者が押し寄せるのも当然。

チチェンイツァの入り口のゲートを入る。
エルカスティージョまでのまっすぐな道の両側に、びっしりとおみやげ物を売る人たちが店を広げている。
エルカスティージョからセノテへの細い道の両側も店だらけだ。
旧チチェンといわれる天文台への道にも土産物屋が並んでいる。

これだけの店が食っていけるのだから、観光客の購買力はすごいものだね。
僕も昔だったら、せっかく来たのだからと、エルカスティージョの模型程度買ったかもしれないが。

【セノテからエルカスティージョへの道/さらにエルカスティージョに近づく】
ある意味、東京の原宿通り並みの賑わいだと言ってもいいだろう。

僕は1989年に来た時、エルカスティージョにも、戦士の神殿にも登った。
カラコル(天文台)の中に入って、外周回廊を歩いて、そこから外を眺めてみたものだ。
チチェンイツァの名物の球戯場も、中に入って歩いてみた。
マヤの遺跡には大小さまざまの球戯場が存在するが、僕の経験では一番大きいのがチチェンイツァのものだ。
他の遺跡の場合、球戯場があまりに小さすぎて、本当にボールゲームが行われたとは信じられないものもある。
でも、チチェンイツァのものは、確かにここでゲームを行ったに違いないというくらい大きいものだ。

【球戯場は入れない雰囲気だった】
ただ、ここも遠くから眺めただけだったが、球戯場の中に入れない感じだった。
それを確かめるのも面倒なので、遠くから写真を撮っただけにしました。
正直、こんなに人が多くて混雑している今のチチェンイツァでは、滅びた文明に想いを馳せるのは無理だね。

【旅行哲学】チチェンイツァは観光客と物売りで窒息しそうだ。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx