欧米人はほとんどカップルで旅行していた@フローレスへの道/グアテマラ

【パレンケからフローレスへ一緒だったオランダ人のカップル/右のカップルも同じツアー参加者】
僕が1989年に中米を下った時、そこで出会うのは、欧米人にしても日本人にしても、個人旅行者ばかりだった。
ところが2007年の旅を思い出してみると、パレンケ(メキシコ)からフローレス(グアテマラ)へのバスに乗っていた欧米人は、ほとんどカップルだったよ。

(前にもちょっと書いた)イスラエル人の若い女の子2人組がいた。
それ以外の旅行者も、欧米人は全部カップルだったんじゃないかな。

ほとんどは男女のカップルで、男同士、女同士、というのもいたけれど、だいたいは2人で旅をしていた。
そこで思ったのが、「欧米人旅行者は一人旅が極端に少ないかも」ってこと。

これは、旅行の新しい流れなのかもしれないね。
確かに、カオサンなんかでも、欧米人はカップル単位で行動しているように思える。

日本人の場合は、旅行者は1人で旅に出るのがまだまだ一般的だ。
日本人旅行者という場合は、日本社会になじめずに、友達もいなくて、仕方なしに一人旅をするものだからね(笑)。

だから日本では「カップルで世界一周旅行」などという、欧米人旅行者にとっては当然のテーマで、本が出せたりする。
でも本当の長期旅行者は、一人旅が原則だけどね。
でもね、カップルで旅に出るってことは、世界標準では常識のことなんだよ。
短期の旅行なのに一人旅しかできない日本人って、結局さびしい人たちみたいだよ(涙)。

【写真】オランダ人カップルをフローレス到着の休息で撮影、右側にも同じツアーのカップルがいる。
【旅行哲学】日本人の旅行者は、一緒に旅に出る友達も恋人もいないのかも。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx