メキシコを出国して、ウスマシンタ川(Rio Usumacinta)を遡って、グアテマラへ@コロサル(Corozal)@メキシコ

【コロサルのメキシコ出入国管理事務所が画面の中央に見える】
ラカンドン人の村を出て、ちょっとしたバスターミナルみたいな広場(トイレあり)で、乗り継ぎのバスを待つ。
最初に来たバスがほとんど満員で、積み残される。
「明日になればバスは来る!」との言葉と共に置き去りにされた。
が、昨日から一緒のカップルが同じく置き去りにされたので、何とかなるのだろうと思う。
中南米では、あまり物事を深く考えてはならない。

10分もたたないうちに別のバスが来た。
このバスには、僕が申し込んだ「KICHAN BAJLUM」社のロゴが大きく書いてある。

結局最初から、僕たちはこのバスに乗るように手配されていたようだ。
「明日のバスに乗れ!」と置いてきぼりにされたのは、冗談だったわけだよ。

バスに乗り込むと、隣の席に、白い髭を生やした東洋人の高年齢男性を見つける。
ちょっと日本人離れしていたので、僕からは話しかけなかった。
最近は世界中あちこちにに韓国人、中国人がいるからね。
韓国人の旅行者は特にインドなどでは激増している。
僕が日本語で独り言を言って、ノートにメモをつけていたせいか、向こうから話しかけてきた(日本人だった)。
旅先で日本人同士が出会えば、互いの旅の話をするのがお決まり。
彼は日本航空でバンクーバーを経由して、メキシコシティへ飛んできた。
プラヤデルカルメンに一週間ほど滞在して、友達と別れてパレンケへバスで移動した。
彼は今朝パレンケで、このバスに乗り、一日でグアテマラのフローレス(ティカル遺跡観光の基点)へ行くそうだ。
彼は1990年ころにマヤの遺跡を見たらしい。
僕も1989年に中米を下っている時に、めぼしいマヤ遺跡はすでに訪れている。
彼は、ティカル遺跡を見ていなかったので、それが目的のようだ。
僕はティカルを見ていたので、いろいろとウンチクを話してあげた。
ところで、このパレンケからフローレスへのルートに、僕は一日余分に使った。
パレンケから、ヤシュチラン遺跡、ボナンパック遺跡を見て、ラカンドン族の村に泊まって、これから国境越えだ。

だとしたら、もし時間があるなら、僕の方がよかったんじゃないかな。
パレンケからティカルまで一日で国境越えをするルートはなかなか便利だ。

それに、バスとボートを乗り換えて、午後の早いうちにフローレスへ着けるのだから。
これは、下手に飛行機を使うよりもずっといいよ。

ただ、1日コースを使うか、1泊2日コースにするか、それは読者の時間と財布に相談してください。
僕は長い方をオススメしておきます。

バスに乗ったかと思ったら、すぐに昨日の船着場コロサルへ出る。
ここにメキシコの出入国管理事務所があって、僕たちメキシコ出国の手続きをする。

手続きを終えて戻ってくる欧米人旅行者が「100ペソ(約千円)払って、カードを残せ!」と言う。
メキシコの入国カードの半券、出国カードをパスポートにつけたまま残せるようだ。

この意味はだね、グアテマラやベリーズへ出国しても、最初にもらったメキシコ滞在期間中は自由に再入国できるという手続きのようだ。
とにかく、何かの手続きの時は、一緒に旅行している仲間で情報を交換し合って、みんなのやる通りにしておくのが間違いない。
僕も日本人旅行者に、「100ペソ払って、カードを残すそうですよ」と教えてあげた。

【船尾を見る:この日はそれほど天気がよくなくて、小雨がちらついていた】
この日は、朝から小雨模様で、ボートに乗っても降り続いていた。
欧米人の中には、バックパックに雨よけのカバーをつけている人もいたよ。

【船先を見る:同行の欧米人旅行者諸君がたくさん】
昨日のツアーからずーっと僕と一緒なのは、オランダ人のカップルだけだ。
それと、さっき会った日本人男性、他に数人の白人。
船を僕たち数人で借り切りか♪、と一瞬喜んだ。
しかし、僕たちの後に、欧米人旅行者諸君が団体で、どかどかと乗り込んできた。
15人くらいはいたかな、結局、船は満員になる。
その中で、やかましい、イスラエル人の女の子(20歳くらい)2人がかなり目立ったね。

【ウスマシンタ川(Rio Usumacinta)の風景】
船に乗って、ウスマシンタ川を遡る。
特に変わったこともなく、みんな黙って、船の揺れに身を任せる。

【グアテマラ側のボートの船着場】
1時間ほどで、グアテマラ側の船着場に到着。
特に桟橋もなく、ただボートを川岸に乗り上げて、ボートのへさきから飛び降りて、川岸の斜面を登る。

登ったところに、バスが待っている。
バスの屋根にバックパックを積み上げる。

そこには、闇両替商がいた。
彼の言い値で、1ドルは6.5ケツァル。

後でわかったことだが、フローレスにいくと7ケツァル程度にはなる。
国境の両替は、少しレートが悪い。

途中でお金も使うだろうし、ある程度替えておいた方がいいだろう。
こういう人たちは、ちゃんとしているので、ものすごいボッタクリはないものだよ。

【マイクロバスに乗り換えて、グアテマラ入国管理事務所へ】
そして、僕たちはマイクロバスに乗って、一路、グアテマラの入国管理事務所へと向かいました。

【旅行哲学】国境では、他の人がやるようにやっていれば何とかなるもの。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx