グアテマラからベリーズへ/ビザ代50ドルが必要だと思ったら、無料でした(2007)@ベリーズ国境

グアテマラの出国前に、サンファン社のトヨタコースターからバックパックを降ろす
フローレスの「Hotel Villa del Lago」へ、午前5時予定のピックアップが来たのが午前5時5分。
フローレス島内のホテルを次々に回って、人を集めて、それからベリーズ国境へと進む。
フローレス島出発が午前5時28分。
その後、サンタエレーナの「サンファン旅行社」前でちょっと止まって、実際に走り始めたのが午前5時33分。
そのまま順調に走り、午前7時9分、グアテマラの出国前に、両替商が乗り込んでくる。
使い残したグアテマラケツァルの両替をするわけだ。

しかし、僕は昨夜すでに、グアテマラケツァルをきれいに使い尽くしている。
ベリーズに入れば、ベリーズドルになる。

そのベリーズドルは、1米ドルが2ベリーズドルの固定相場だ。
また、ベリーズの中では米ドルが自由に流通している。

僕はドルの小額紙幣をかなり持っているので、ベリーズ内では問題が無い。
また、メキシコペソもメリダで余分に両替して持っている。
だから、両替の話は聞き流していた。
午前7時20分、国境へ到着する。
ところが、グアテマラの出国時に、窓口で10ケツァル(約150円)を要求される。
これは出国税?らしい。

このときはちょっとあわてたよ。
パスポートに出国スタンプを押す、窓口の女の子は、しつこく10ケツァルという。

出国の列を離れてわざわざ両替しようかと思ったが、そこは交渉して、「ドスドラレス(2ドル)!」で決着が付いた。
「出入国のときは、小額のドル紙幣が必要」という世界旅行主義が、また証明されたわけだ。

1ドルは7ケツァルで両替できていたので、10ケツァルのところを14ケツァル払ったわけだ。
でも、4ケツァル、つまり60円の損なので、また両替する手数を考えれば、ドルで払った方が簡単だった。

【グアテマラからベリーズへ入国して、国境のポストを振り返る【】
この国境で問題だったのは、ベリーズのビザを取らなければならないってことだった。
出発前に調べたインターネットでも、日本のガイドブックでも、「ベリーズのビザはグアテマラの国境で取れるが、手数料は50米ドル」という話だった。

ボッタクリだとは思ったが、50ドルとビザのための写真2枚を握り締めて、ベリーズの入国審査を受ける。
これが午前7時40分。
「どこへ行くんだ」と英語で聞かれる(ベリーズの公用語は英語です)。
「ベリーズを通って、今日中にメキシコへ行きます」と答える。
フローレスからのこのマイクロバスに乗っている旅行者は、ほとんどメキシコのチェトマルまで行く。
他の欧米人旅行者の団体の中に居る僕も、当然メキシコへ抜けるのだろうと考えたので確認したのだろう。
もちろん、中には、ベリーズで降りる人間も居ると考えられる。
でもそれならば、別に早朝発のサンファン社のバスに乗らなくても、ローカルバスで安く行ける。
実際、サンファン社のバスに乗った旅行者は、みんなチェトマルまで一気に通過してしまった。
入国審査のおじさんは、僕が手に持った50ドルと写真を無視して、ポンとパスポートにスタンプを押した。
見ると「in transit, one day」とある。
僕はピンと来た。
一日でベリーズを通過する場合は、無料の通過ビザを出しているってことだ。
覚悟していた50ドルを払わなくて済んだのは大きかったね(笑)。
下手に最初から「ベリーズのビザを取りたいんですが」なんて言ったら、不要なビザを高額を払って取ってしまったかもしれないよ。
ここでもわかるが、旅行のことは下手に、出発前にあれこれ調べない方がいいんだよ。
現地に行けばイヤでもわかることなんだから。
実は、このベリーズのビザが高いので、フローレスからカンクンへのフライトを使おうかとも考えていた。
少々お金がかかっても、一気に飛んだほうが楽だしね。
「サンファントラベル」のカウンターで、おねえさんに聞いてみた。
すると2007年2月現在で、フローレス(ティカル遺跡観光拠点)からカンクンまで火、木、土曜日にフライトがある。
出発は午前11時。
料金は片道325米ドル。
100ドル台だったら、ビザ料金50ドルの問題があったので、考えないわけでもなかった。
でも、325ドルは、ちょっと高すぎるので諦めました。
バックパックのチェックは無いが、そのままバックパクを背負って、国境の向こうで待っているサンファン社のバスへと歩く。
またバックパックをマイクロバスの屋根に載せて、次は、ベリーズの首都ベリーズシティへと進みます。
午前8時、バスは走り出した。
【写真】グアテマラ国境でサンファン社のバスからバックパックを降ろす/ベリーズ側から国境を見る
【旅行哲学】インターネットも旅行ガイドブックも信じてはダメだ。現地へ行けば何とかなる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx