メキシコの入国審査をとっとと済ませる@チェトマル/メキシコ

【メキシコの入国審査をとっとと済ませて、細い通りで他の人たちを待つ】
午後1時34分、ベリーズの出国審査を済ませた。
僕たち(ほとんどがグアテマラのフローレスから一緒)は、またバスに乗って、ほんのちょっと移動する。
次はメキシコの入国審査だ。
入国審査となると、一応タテマエだけでも、荷物のチェック(税関審査)があることになっている。
一人一人バックパックをバスから降ろして、それを持って歩くのが疲れるよ。
実際は荷物のチェックはないんだけどね(笑)。

入国審査の窓口で、他の旅行者諸君は、メキシコの入国カードをもらって、あわてて記入する。
僕とずーっと一緒のオランダ人カップルなんかは、もともとメキシコのコロサル国境で、メキシコからの出国カードをパスポートにつけたままだ。

だから、何も書類を書き込むこともなく、パスポートとそのカードを見せただけで、そのまま入国できた。
やはり、100ペソを払った価値があったわけだね。

これは、僕が考えるに、ただ入国手続きが簡単だというだけではない。
確か、メキシコでは20ドル程度の「入国税」というものがあるはずだ。

空路ではいる時は、その航空料金の中に、入国税が含まれているようだ(払わなかったしね)。
しかし陸路で入るときは、旅行中に銀行で支払わなければならない。

それが20ドル程度と聞いている。
メキシコからグアテマラの出国で、100ペソ(千円ちょっと)を払って出国カードを残しておいたのは、陸路入国の時の入国税20ドル(2千円ちょっと)を払わなくてもいい、という意味だと考えられる。

この推定が完全に正しいかどうか、それはわからない。
ただ、陸路で入国しても、噂に聞いていた20ドル度を払わなくてもよかったのは、事実だ。

午後1時25分、簡単にメキシコの入国審査を済ませる。
入国してしまえば、とっととチェトマルのバスターミナルへ行きたいものだ。

そこからすぐに移動するつもりなんだから。
チェトマルの町自体は、1989年に訪れていて、何にもない殺風景な国境の町だと知っているからね。

僕がグアテマラのフローレスからずっと乗ってきたサンファン社のツアーバスに乗り込んだのが、午後1時30分。
ただ、僕たちを乗せたバスは、もちろん全員揃わないと出発しない(笑)。

しばらく待っている間に道端の店でコーラを飲んだ(写真の店)。
他の仲間が、ゆっくりバスへ向かって歩いてくるのを待つ。

バスは結局、午後1時45分に国境を離れる。
チェトマルのバスターミナルに着いたのが、午後2時10分。

すぐにバスを降りて、バスターミナルに突進し、午後2時30分のプラヤデルカルメン行き切符を買う。

【写真】メキシコに入って、他のみんなを待ってコーラを買った店
【旅行哲学】どんなに簡単でも、陸路国境越えというのはとても興味深いね
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx