セノテ(Cenote)で、イグアナ(Iguana)ちゃんに再会し、神の声を聞く@チチェンイツァ(Chichen Itza)

チチェンイツァのセノテに立つ
【セノテ、セノテの縁のイグアナちゃん】
世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、1989年以来またセノテへとやってきた。
まず、昔感じたことが文章として残っているので、それを紹介しておこう。
興味のある人は、「中米旅行記1989」から《チチェンイツアは日本人の団体だらけ》を読んでください。
しかし、2007年は日本人のツアーは見当たらず、それよりもなによりも、欧米人とメキシコ人だらけだった。
おそらくは日本人だと思える観光客も、バックパッカーを一人見かけただけだ。
それも、ひょっとしたら韓国人かもしれないしね。

セノテの周りには一応ロープが張ってあるが、形だけなので簡単にセノテの縁へ入れる。
でも誰もわざわざセノテの縁へ入るようなことは考えないようだ。

デジカメで僕の写真を撮ってもらった。
このデジカメはどうやら少し広角らしくて、セノテの全体像と世界旅行者が一緒に写ってました。

僕の愛用の「CONTAX-T2」だと、セノテの全体像が撮れない。
それで分割して写してみました。

興味深かったのは、セノテの縁の岩の上にイグアナちゃんが何匹もいたこと。
イグアナといえば、僕が思い出すのは、ウシュマル遺跡のことだ。

僕は1989年にウシュマル遺跡を訪れた時、魔法使いのピラミッドに登って、大きなイグアナちゃんにオシッコをかけたことがある。
それいらい、僕のチンコは腫れて大きくなったままだ(うそ)。

チチェンイツァのピラミッドは全部登れなくなっていた。
すると、当然、あのウシュマル遺跡の魔法使いのピラミッドも登れないだろう。

万が一登れたら、今度は僕はおそらく落っこちて死ぬだろう。
1989年に登った時も、ピラミッドから降りるときに、「これはもう絶対に死ぬ…」と思ったのだから。

いま、ウシュマルへ行ったとしても、だから楽しみはイグアナちゃんたちに会うことくらいしかない。
しかし、チチェンイツァのセノテで、イグアナちゃんたちは世界旅行者を温かく、しかも静かに迎えてくれた。

この意味は何か。
つまり、「ウシュマル遺跡には行かなくてもいいよっ!」と、旅行神がお告げを下しているわけだ。

そこで僕は、セノテを離れて「戦士の神殿(Templo de los Guerreros)」へ向かう道すがら、「ウシュマルへは行かない」と決意した。
昔のがらんとしたウシュマル遺跡の思い出、それを守っていたかったからだ。

【写真】チチェンイツァのセノテ
【旅行哲学】思い出を美しく取っておくためには、二度と訪れない方がいい。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx