Playa Del Carmen(プラヤデルカルメン)@ユカタン半島/メキシコ

Playa Del Carmen(プラヤデルカルメン/プラジャデルカルメン)
世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、世界中のビーチで泳いできた。

南米はリオのベルメーリャ、アフリカではケニアのラム、南インドコバラムビーチ、地中海ではチュジニアのジェルバ島、中近東では紅海ハルガダ、カリブでは西インド諸島バルバドス、北米ではLAラグナビーチ、オーストラリアのサーファーズパラダイス、南太平洋のフィジー、その他、死海、ガンジス川でも泳いだ。
もちろんこれ以外にもたくさん泳いでいるが、それをいちいち書き出すとウザくなるので、ここで止めます。

昔は、夏になると、神宮外苑の50m屋外プールに行くのが習慣だった。
プールサイドで人出が多くなる前に、軽く日に焼いて、冷たい水の中に飛び込むのが粋だったね。

最近は特に太陽の下では、泳いでない。
紫外線に当たりすぎると皮膚ガンになるという話が広まったし。

また、もういい加減の歳なので、日焼けしても健康的とは見られない。
肌がどす黒いと、「病気なのかな?」と受け止められることが多くなったせいかな。

しかし、水着というものはとてもコンパクトなものだから、必ずバックパックに入れることにしている。
参考:リゾート用水着
特に泳ごうという気持ちもなかったが、ユカタン半島に来れば、ちょっとは泳いでみたいと思うのが自然だよ。
僕は1989年に、イスラムへーレスで泳いだことがある。

2007年にもイスラムへーレスで泳いで、時の流れを感じるのもいいとは思った。
でも、「プラヤデルカルメン」という新しいビーチがあると聞いた。

しかも、プラヤデルカルメンからカンクンの空港へ直行バスが出ているという。
だったら、わざわざイスラムへーレスへ行く必要もなく、馬鹿高いカンクンのホテルゾーンに泊まる意味もない。

というわけで、プラヤデルカルメンの安宿に泊まって、ちょっと泳ぎに行きました。
でもまあ、欧米人だらけだったよ(笑)。

【写真】プラヤデルカルメン
【旅行哲学】旅の荷物の中に水着を入れておく。ゴーグルもね。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx