カラコル:チチェンイツァの遺跡にはほとんど登れず、触れない。

旧チチェンイツァの天文台・カラコル(El Caracol)にて(2007)
僕が1989年にチチェンイツァへ行った時は、もちろんすべてのピラミッド、神殿に登ることが出来た。
2007年に行ったら、とにかくほとんどのピラミッド、神殿に入ることが出来ない。

特に、チチェンイツァの中心ククルカン神殿(エルカスティージョ)に登れなかったのはがっかりしたね。
多分そうなっているだろうと期待してた部分もあった。

だから、ちょっとうれしかった。
いまは誰も登れないという意味は、1989年に登った世界旅行者の価値が高まっているわけなんだから。

旧チチェンへ歩いて、カラコルという天文台を見る。
ここは、遺跡の階段はちょっと登れたが、それから先の天文台本体の中には入れないように、ロープが張ってあった。

僕はここにも1989年に来て、天文台の中を1人で歩いて、窓から外を覗いたことがあるんだよ。
その他にも規制がたくさんあった。

道端のジャガーにも柵が付いていた
道端のジャガーも木の柵で囲まれている。
日本人だったら、おそらく柵やロープは無視して、触ったり座ったり、入り込んだりする若者やおばさんが絶対に居るだろうね。

でも、欧米人の多い世界的観光地のチチェンイツァでは、誰もそんなルール違反のことはしない。
ただ、僕がいた時は日本人のツアーはいなかったけどね。

それとも、日本人のツアーはマナー違反が多いので、入場禁止になってたのかな。

【写真】ロープで入場禁止のカラコル/木の柵で囲まれたジャガー
【旅行哲学】日本人以外の人たちはマナーを心得ているように思える。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx