プラヤデルカルメン(メキシコ)では円の両替レートが悪かった(北米、中米、カリブ海、南米では円は両替しにくい)

【カンクンの街角の両替屋/取り扱うのは現金のみ&日本円は両替できない感じ】
ロサンジェルスからメキシコのカンクンへ飛ぶ。
カンクンへの到着は、夕方になる。
するとまず考えることは、メキシコペソをある程度持っておいたほうがいいということ。
というのは、もちろんカンクンの空港で両替できるだろうが、その時間が貴重だからね。
だって、だんだん暮れていく時間で、もちろんホテルも予約してないのだから。
というわけで、ロサンジェルス国際空港でメキシコペソの両替を考えた。
するとそのレートは、「1ドルが10.30ペソ」。
しかも、5ドル近くのコミッションが取られて、108ドルが千ペソにしかならない。

これが、カンクン空港の両替所だと、手数料無しで、100ドルはそのまま1002ペソになった。
つまり、ロサンジェルスの空港でペソを入手するのは大損です(涙)。
しかし、カンクンで一泊して、翌朝ホテルの目の前にある両替所では、1ドルが10.65ペソ。
ただしここでは、トラベラーズチェックは両替できず、現金のみ。

メリダでトラベラーズチェックを両替すると、1ドルは10.60ペソだった。
これは、現金と同じレート。

パレンケの通りで見つけた銀行で両替すると、トラベラーズチェックのレートがいい。
1ドル当たり10.76ペソだった。

だからメキシコでも、銀行できちんと両替するならばトラベラーズチェックが少し有利だ。
ただ、両替商の中には、現金しか受け付けないところもあるということ。

2007年のメキシコ旅行は、最初からアメックスのドルのトラベラーズチェックとドルの現金を持っていった。
ところで、円の通用度とか、レートはどうなのか、という問題が出てくる。

僕の経験では、アメリカ大陸では、日本円の通用度は非常に低い。
だから、いままでもともと円を現地通貨に両替したことがない。

【プラヤデルカルメンの両替屋/日本円のレートが非常に悪いのに注意してください】
最近日本人にも人気のリゾート地、プラヤデルカルメンの両替商で円の両替レートを見つけた。
写真を見ればわかるように、ここでは1円は0.05ペソになる。

すると1ペソは20円の計算。
ただ、ドルから両替した計算だと、1ペソは11円程度。

1ペソ20円とは、10年前の僕のガイドブックにあるレートだ。
つまり、円のレートが半分くらい悪い。
こんなところで何万円もペソに替えたら、お金が半分になってしまうよ。
つまり、円を日本でドルにして、それをメキシコでペソにしたほうがずーっと有利だってこと。
これでもわかるように、一般に中米では円を現地通過に両替する場合、かなりレートが悪いと考えられる(両替商ではなくて、ちゃんとした銀行でのレートは調べてませんが)。
だから、とにかく中南米、北米へは、円で持っていかず、ドルにして行くのがいい。

実は、円のレートが悪いだけなら損するだけで済む。

【トリニダード島の空港の両替所には日本円の両替レートの表示がない】
僕が2004年にトリニダードトバゴに行った時、空港の両替所には、円の両替レートの表示自体がなかったんだから。
また、トバゴ島の空港横の両替商で、千円札を両替しようとしたら、見事に拒否されたこともある。

僕の体験によると、円はアジアはもちろん、ヨーロッパやアフリカでも、結構通用する。
日本人のアジア旅行者の中には「海外旅行は円の現金でいい!」なんて断言する人も多いようだ。

でもね、世界中を旅行する場合、アメリカ大陸では円の現金は使いにくい。
両替レートが悪かったり、両替そのものを拒否されることもあるよ。
とにかく長期旅行をする場合は、ドルのトラベラーズチェックとドルの現金にしておけば、間違いはないんだよ。

【写真】両替所の両替レートの写真(カンクン/プラヤデルカルメン/トリニダード島)
【旅行哲学】日本円でアメリカ大陸を旅行するのはよした方がいい。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx