歳を取りすぎると、遺跡の階段が登れず、海外旅行が楽しめない@ヤシュチラン遺跡@メキシコ

ヤシュチラン遺跡の大広場(main plaza)からbuilding33を見上げる
ヤシュチラン遺跡はウスマシンタ川(Rio Usumacinta)の左岸にある。
船着場から急な階段を登って、遺跡の入り口に着く。
そこから川の上流へ向かって、ジャングルの中を歩く。

それほど期待していなかったが、ジャングルが開けたところには大きな広場があった。
広場を進むと、右側に長い階段があって、その先に神殿らしきものが見える。

階段はかなり長く、「これは疲れるなー」と思う。
ただ、遺跡を訪れる人には2種類いる。

遺跡の階段を登って遺跡の中に入る人。
そして、遺跡を外から眺めるだけの人。

ここが問題なのだが、若い時に一生懸命に働いて金を貯めて、歳をとった後でゆっくりと世界各地へ旅行しようという場合。
お金があれば、豪華な交通手段(豪華客船、一流航空会社のファーストクラス)で、一流ホテルに泊まり、一流の食事をすることは出来る。

でもね、遺跡では自分の足で歩き、ピラミッドを登らない限り、ピラミッドの上にはたどり着けないんだよ(涙)。
そこが、「どんなに金があっても体力が無ければ海外個人旅行は本当には楽しめない」という、世界旅行定理なんだ(涙)。
実際僕は、メキシコのテオティワカンの太陽のピラミッドの下で、「体力が無いので太陽のピラミッドへは登れない」と愚痴を言ってる日本人中年男性に会ったからね。
まあ、彼の場合は、体力よりも気力がなくなってた。

歳を取ると体力よりも、何かをやろうという気力がなくなるんだよ(涙)。
もちろん世界旅行者はまだまだ体力も気力も(おまけに性欲も)十分にあるので、building33の階段を登りました。

ヤシュチラン遺跡building33
上へ登ると、building33の入り口は鉄製のドアがあって、中へ入れないようになっていた。
その裏へ回って、山道を進む。

するとbuilding35へでた。

building35に座って旅行哲学する
目の前のジャングルからは、奇妙な鳴き声が聞こえる。
ジャングルの木々が騒がしい。

よく見ると猿があちこちで動き回っているよ。
すぐに写真を撮ったが、ほとんど見分けがつかない。

一応ヤシュチラン遺跡で見た猿の画像
(中央のそれらしきものが猿です)
この階段を降りて行くと、大広場へと戻った。
ところで、あとでガイドブックを確認してみたら、ヤシュチラン遺跡の見所は、実は「building41」らしいんだ。

これが一番高い神殿らしいんだが。
僕はガイドと離れて、勝手に歩き回っていたので、この41号神殿にはたどり着けなかった。

同じツアーの連中の半分が、集合場所に遅れてきたが、彼らは41号神殿を見たのかもしれない。
そういう意味では、ちょっと事前の勉強も必要かもしれないね。

でも僕は、誰も気が付かない、ガイドブックにも書いてない「ヤシュチラン遺跡の迷宮」に迷い込んだから、それで十分だったけどね。

【写真】33号神殿前の階段/33号神殿/35号神殿/木登りをする猿
【旅行哲学】あまり歳を取りすぎると海外旅行は楽しめない。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx