ボナンパック遺跡への道@ユカタン半島のジャングルの中の秘境/メキシコ

【ボナンパック遺跡へは車を乗り換える】
ボナンパック遺跡へは、昔は本当に小型飛行機でいくしかなかったようだ。
それとも、ジャングルの道なき道をかきわけて歩いて、何日もかけるか。

現在は、ユカタン半島の観光ルートはきれいに整備されている。
ボナンパック遺跡を作ったラカンドン族の村までも、舗装された道路が通じている。

ただ、ボナンパック遺跡へ行くためには、途中でわざわざ車を乗り換えて、未舗装道路を通るようにになっている。
僕が思うに、これは、先住民保護政策があって、乗り換え地点からラカンドン族の支配地域にはいるってことじゃないのかな。

例えば、米国でネイティブアメリカンに対する保護政策で、カジノの運営を任せるような。
そういう形で、ラカンドン族に対する手厚い保護があると思う。

というのは、ボナンパック遺跡の入り口のみやげ物屋は、全部ラカンドン族の服装をしていたしね。
それに、Tシャツが売ってあって、ちょっと値段を見たら、200ペソもしたし…。

【滑走路を抜けると細い道があった】
ボナンパック遺跡の入り口からちょっと進むと、開けたところへ出る。
これが、誰が見ても滑走路だ。

使ってないにしては、草が切りそろえられている。
おそらく今でも、金持ちがカンクンなどから直接飛ぶことがあるんじゃないか。

そのために整備だけはしてあるのではないか、と思った。
ただ僕は、そんなことを追求しようとは思わなかったけどね。

滑走路の片隅に、壊れたセスナが置いてある。
それが写真を撮るのにちょうどよかったのでうれしがっただけだ。

【ボナンパック遺跡の広場に立つステラ(石柱)】
遺跡に入ってすぐに目に付くのが大きな石柱だ。
この石柱のすごいところが、その薄さなんだってさ。
大きいのに薄い石の板に、マヤの神官の像なんかが彫り込んである。
これは高度な技術だそうだ。

これは、マヤ族のガイドがスペイン語で説明したのを、非常に知的なドイツ人の中年女性が英語で通訳してくれたものだ。
ただ僕は、もともとこういう遺跡の歴史的な経緯に関しては、ほとんど興味がない。

僕はどこの遺跡に行っても、「昔すごい人たちがいた。でも死んじゃって、その文明がなくなっちゃったんだなー。つまり、努力しても、死んだら終わりだ」という考えを再確認しているだけだからね(笑)。

【ボナンパック遺跡のピラミッドの上にいる世界旅行者】
ボナンパック遺跡は、チチェンイツァやウシュマルと違って、とにかく遺跡のピラミッドの階段を思いっきり登れる。
僕もいまさらピラミッドへ登るのを止めようとは思った。
けれど、このピラミッドの上に、ボナンパック遺跡の白眉「三つの部屋の壁画」があるんだから、登らないわけには行かない。

【ボナンパック遺跡のピラミッドの上からの写真】
ピラミッドの上にあがれば当然、上からの写真を撮ってもらう。

【ピラミッドの上からの景色】
そして、ピラミッドの上から、周囲のジャングルや山々を写真に撮った。

【旅行哲学】すべての文明は滅び、すべての人は死ぬ。それに例外はない。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx