ロサンジェルスダウンタウンからビバリーセンター(Beverly Center)へ行く(2007/February)

【名物だった壁面の長いエスカレーターが無くなったビバリーセンター】
ロサンゼルスにはいろんなショッピングモールがある。
ほとんどは車を持っていないと行き帰りが大変。

ダウンタウンから買い物に行く場合、もちろんブランドショップが並ぶビバリーヒルズのロデオドライブもいい。
いろんな店が並んでいて、歩くのが大変。
また、あまりに高級な店だと、バックパッカー定番のジーンズとTシャツでは入りにくい。
入っても、完全に無視されることもあるよ(涙)。

その点、バスでも簡単に行けて、店にも入りやすいのが「ビバリーセンター」だよね♪
僕はLAへ行く度に、とにかくビバリーセンターへは顔を出すことにしている。

ダウンタウンからは、MTAバス14番で行ける。
14番のルートは、オリーブストリート(Olive Street)の北行きで、ビバリーブールバード(Beverly Boulevard)を西へ進んでビバリーセンターへ着く。
14番の帰りは、グランドアベニューを南へ進む。
ところが、14番はメトロレッドラインの「Vermont/Beverly Station」を通るので、そこで乗り換えた方が速い。
僕は「7th St/Metro Center」からレッドラインに乗って、「Vermont/Beverly Station」で14番へ乗り換えていった。
僕は、ビバリーセンターへは数え切れないくらい行ったことがある。
ビバリーセンターの特徴は巨大なビルディングの外壁にある長いエスカレーターだったはずだ。
だから、ビバリー大通りでバスを降りても、わざわざサードストリートへ歩いて、そこからエスカレーターに乗ろうとした。

ところが、エスカレーターが見つからない。
歳を取ってきたのでボケてしまったのかと焦って、ビバリーセンターを歩いて一周してしまった(涙)。

結局改装したらしくて、名物エスカレーターが消滅したようだ。
なんとなくよそよそしい。

モールに入っている店も僕の雰囲気に合わない、ちょっと高級な雰囲気に変化していた。
まず僕が通っていた「ティンバーランド(Timberland)」が消えていた。

昔は僕好みのトラベルアンドサファリがテーマだった「バナナリパブリック(Banana Republic)」も、安いのだけがウリだった「Gap」も、ちょっと面白かった「Guess?」も、全部女性物が中心になっていた。
僕が以前コートを買った「Express」もピンと来ない。
結局「Skechers」でスニーカーを買うくらいしか出来なかった。

モールの最上階にあるシネコンへ行ったが、特に興味深い映画はやってなかった。
映画料金も結構な値段がしたしね。

帰りはサードストリートをMTAバス16番(316番もあり)で戻りました。
ビバリーセンターのシネコンの切符売り場 料金の部分を拡大
普通料金が9.50ドル
マチネー料金は6.75ドル

「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx