ベリーズ出国審査@ベリーズ/メキシコ国境

【冷や汗の出るベリーズの出国審査を終えて】
ベリーズシティを午前10時に出発したバスは、完全舗装の道を、順調に走り続ける。
途中で、結構原始のままの風景をとどめた、深そうな川に会う。

【ベリーズ内を走ると、結構川に出会ったりする】
僕はこのときに、イギリスの海賊が、海賊船からボートを下ろして、このベリーズの川を探検しているシーンを思い浮かべたね。
午後12時40分。
ベリーズの出国審査のポイントへ到着。

建物に入ると、手前と奥に二列にチェックがある。
で、手前のカウンターには、なにか金を払えと書いてあるのはわかった。

しかも、2種類ある。
で、出国審査の列に並んでいる時に、その料金を足してみたら、どうやら50ドルを超していたよ。

僕は、「ははーん。ベリーズ入国の時は無料だったが、それはヒッカケで、出国の時にぼったくろうと考えてるんだなー」と、思った。

これは僕が昔考えていた「無料の飲み放題ビアホール」というビジネスモデルに通じる。

ビール飲み放題、しかも無料というビアホールを作る。
もちろん客は思いっきりビールを飲む。

ビールを飲めば、当然トイレに行きたくなる。
ビールを飲めるだけ飲めば、当然トイレに、何度も何度も行きたくなるものだ。

ところが、トイレには「トイレ使用料1回1万円」の表示がある。
つまり、ビール飲み放題無料は、結果的には1人1万円以上になるわけだ。

そこで、こっそりと、ビアホールの陰で立ち小便したとしたら、罰金10万円!となる。
すごいビジネスモデルでしょ(笑)。

僕がビザ代無料で入国したベリーズの出国で、金をぼったくられそうだと感じたときに、脳裏に浮かんだのは、僕が京都大学時代に思いついた、この「無料ビアホール」だったね。

でもとにかく、カウンターに行くと、「30ドル!」と言われる。
高いなーとは思ったが、公務員様に言われたものは、一般大衆は払わなければならない。

30ドルを渡す。
すると、15ドル戻してくれた。

つまりだよ、前にも書いたように、ベリーズドルは米ドルに対して2:1。
30ドルは、ベリーズドルだったので、15米ドルでよかったわけだ。

15ドルならば、まだ我慢できるのでホッとしたね。
手前のカウンターではお金を払うだけ、その領収書をもらう。
奥のカウンターで出国スタンプをもらって、無事にベリーズの出国手続きは終了した。

僕たちを運んできたトヨタのコースターは、バックパックを積んだまま、駐車場で待っていた。
その横を見ると、メキシコのチェトマルとベリーズを結ぶ「ビーナスバス」があったよ。

そのペイントなんか、20年前に僕がチェトマルからベリーズシティへ移動した時と一緒だった。
20年で変化するものも多いが、変化してないものもある。

僕の体力は、もちろん20年前から大きく減少した。
20年前から全く変化していないもの、それは僕の心かな。

【昔変わらない雰囲気のビーナス(Venus)バス】
ベリーズの出国審査を終えて、僕たちを乗せてきたツアーバスは、次はメキシコの入国審査に向かいます。
それが午後13時14分。
【写真】ベリーズ国境
【旅行哲学】世の中には20年たって変わるものもあり、変わらないものもある。

参考:僕が20年前にビーナスバスで国境を越えた話
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx