メリダバスターミナル近くの「HOTEL CASA BECIL」に宿を取る@メリダ/メキシコ

【HOTEL CASA BECIL/バスターミナルの近くに宿を取った】
チチェンイツァを午後2時10分にADO社のバスが出る。
問題は、バスがどこに来るかだ。

ADO社のバスがどこに停車するかはわからない。
どこにもバス停の標識がなくて、あるのは大型バスがずらりと並んだ駐車場だけなんだから。

実はバスが到着した時に、欧米人の若者が1人「バスはどこに来るんだ」と、しつこくADO社のスタッフに聞いていた。
スタッフは、「ここに来る」と言ったのを僕も知っている。

僕はそれを聞きながら、「そんなにきっちりしてるだろうか?」と、疑った。
いくらADOがちゃんとしてるバス会社だとしても、メキシコなんだからね。

午後2時になると、遺跡の出口のにその欧米人もやってきた。
互いに同じバスにいたことは知っているので、「キミもメリダへ行くのか?」と確認しあう。

彼はイタリア人なので、もちろん、スペイン語もよく出来る。
「さっき聞いたら、この場所へ来るらしいよ」と、バスが僕たちを降ろしたところにこだわる。

僕は、それを信じてない。
駐車場全体が見渡せるような場所で立っていた。

バスは15分くらい遅れてやってくる。
駐車場を大きくぐるっと回ったところで停車した。

駐車場の周回道路で停まって乗客を乗せ始めた。
僕はそれを見て、イタリア人に合図をして、バスへ乗り込んだ。

僕の予想したとおりのことが起きたわけだ。
ただ、イタリア人と2人でバスを待っていたので、心強かったけどね。

1人だと、もっとイライラしたかもしれない。
だからとにかく、旅先ではいろんな人と話をするのが大事なんだよ。

メリダへのバスの中では、いつものアーミージャケットを着込んだ。
だからバスの中でも寒くない。

バスはスムーズに走って、2時間後の午後4時過ぎに、メリダのバスターミナルへ到着した。
明るい時間にメリダへ到着して、すべて順調だ。

すぐに、明日のパレンケ行きバスを調べる。
8時半出発で到着は4時だという(316ペソ)。

バスの切符を手にすれば、あとはホテルを見つけるだけ。
メリダの問題点は、バスターミナルが町の中心のソカロ(中央公園)から中途半端に遠いところ。

ターミナルの前にはタクシーもいたが、一度来ているのでとにかく歩き出す。
メリダの町は碁盤の目状になっていて、道路の番号で自分がどこにいるのかはっきりとわかる。

ソカロに向かって歩いていって、途中でホテルを見つける。
頭の中で、明日のパレンケ行きのバスに乗ることを考えると、バスターミナルから遠くない方がいい。

そこで一応見るだけ、値段のチェックもしたい、という感じで部屋を見せてもらう。
すると、中庭もあって、悪くない。
バックパックを背負って歩くのも疲れるので、一軒目で決めてしまった。
これが「HOTEL CASA BECIL」、1泊160ペソ(1600円)。

一応全部の設備(シャワー、トイレ、エアコン、テレビ)がある。
荷物を部屋において、すぐにメリダのソカロ(町の中心の公園)へと歩く。

【メリダのソカロにて/後方にカテドラル(大聖堂)が見える】
ソカロの裏側のカメラ屋で、フィルムを買う。
カメラ屋に両替商の場所を聞いて、両替をする。

レートは1ドルが10.60ペソ。
ここで大胆にトラベラーズチェックを思い切って、ドカンと200ドル両替した。

というのは、明日パレンケへ行く。
パレンケで2泊するつもり。

その後、国境を越えて、グアテマラへ入る。
さらに、ベリーズ経由でまたメキシコへ戻ってくるつもりだ。

どうせメキシコへ戻ってくるわけだ。
海外で一番問題なのは、実は、両替レートが少々いい悪いということではない。

現地通貨(この場合はペソ)がなくて、動きが取れないってことなんだからね。
少し余裕を持って両替した。

僕の海外旅行経験からいうと、絶対に、お金は予定よりも使ってしまうもの。
だから、300ドル程度は完全に使い果たせるだろう。

ソカロの横にある大聖堂に入って、神に祈った。
明日は、また8時ごろのバスで一気にパレンケへ向かう。

実は、最初の予定ではウシュマル遺跡も見る気持ちもあった。
チチェンイツァの人の多さにうんざりして、行くのをやめたんだ。

僕はウシュマル遺跡では、すでにあの「魔法使いのピラミッド」に上ってるからね。
世界旅行法則には「一度行ってよかったところに二度行ってはならない」というものもあるわけだし。

【写真】ホテルカーサベシル/メリダのソカロにて
【旅行哲学】一度行ってよかったところに二度行ってはならない。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx