カンクン空港からバスターミナルへ到着し、雨の中を、「HOTEL ALUX」へ飛び込む@カンクン/メキシコ

【カンクンで僕が泊まったHOTEL ALUX/道路が雨で濡れているのがわかるでしょうか?】
「2月のカンクンは乾季だ」と僕は考えていた。
もちろん乾季だからこそ、北米やヨーロッパ、そして日本からの観光客がわざわざやってくるのだから。

アラスカエアーでカンクンの空港に到着して、ばたばたと手続きを済ませて、夕暮れ迫るころにターミナルを出る.。
すると、小雨が降っていたよ(雨は、どんどん強くなっていく)。
空港からカンクン市内のバスターミナルへ直行の空港バスが走っている。
空港からは同じく、プラヤデルカルメンへもバスがある。
カンクン市内へは料金3.5ドル。
午後6時発のバスに乗ると、バスターミナル到着が6時40分。
カンクン市内のバスターミナルに到着したころはかなり本格的な、土砂降りの雨になった。
僕はバスの中で、「Lonely Planet」でチェックした、バスターミナル近くの「HOTEL ALUX」に、雨に濡れながら走りこむ。
部屋はシャワーとトイレ付き、クーラーとテレビ付き、ベッドがあるだけのシンプルなつくり。
でも、ドアはカードキーで開けるようになっていて、一部屋330ペソ(約3500円)。
雨はさらにどんどん強くなり、嵐のような感じになる。
食事をするのにホテルを出るのさえも、決意が要ったほどだ。
ホテルの前の道路は冠水して、歩道にも水が流れている。
僕は「乾季のはずなのに、こんなに雨が降るとは、時期ハズレのハリケーンかな?これも地球温暖化のせいかしら?」と深刻に考える。
ホテルの受付の若者に「ハリケーンが来てるの?」と聞いたよ。
でも、「これは普通だよ」という返事だった。
メキシコ人の言葉を信じない僕は、翌朝のことを考える。
ずーっと雨が降り続く可能性もある。
だとすると雨具が必要。
雨の中を走って、デパート(みたいなお店)で折り畳み傘を買いました。
傘は85ペソ(ここでは1ペソ=10円と計算するので850円)。
日本の物価はデフレで下がっているので、メキシコで850円というのは、かなり買うのに躊躇したよ。

翌朝になると、すっかり晴れ上がった。
写真を見ればわかるが、ホテル前の道路はまだ濡れている。

乾季なのに雨が降るのは、ごく普通のことだったらしい。
チチェンイツァへ向かうバスに乗ったら、また雨が降り出したからね。

遺跡へ着くころはまた晴れたけど。
このあとも、ユカタン半島を移動していったら、夜に雨が降って、昼は晴天ということがよくあった。

とくに、メキシコからグアテマラへ行く途中、ラカンドン族の村に泊まった時。
さすがジャングルの中の村らしく、夜空には満天の星が見えた。

昼間遺跡を歩き回って汗がしみこんでいたTシャツを軽く手洗いして、ロープに干した。
ところが、夜中の12時ごろだっただろうか、激しい雨の音がする。
夜中に激しい雨が降ったわけだ。
このときは眠いのになぜか、部屋から飛び出して、あわててTシャツを取り込んだ。
どうやら、ユカタン半島では乾季だとはいっても、結構激しい雨が降るみたいだ。
乾季だからといって、雨が降ることはある。
雨季のはずなのに晴天続きということもある。
特に、日本人がよく使う1週間程度のツアーの場合、天気は当てにならない。

そこで特に注意しておきます。
恋人とビーチに行く計画を立てている場合。

雨が降る可能性も考えておいた方がいいです。
実は僕は、南太平洋のフィジーに嫁さんと行って、その時雨が降り続いたのがきっかけで、別れました(涙)。

【旅行哲学】旅先では雨の可能性を考えておくことが大切
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx