プラヤデルカルメンからカンクン空港へのエアポートバス@カンクン/メキシコ

【コスメルへのフェリー桟橋が遠くに見える@プラヤデルカルメン】
プラヤデルカルメンの安宿「Hotel Hacienda Agua Azul」をチェックアウトしたのが、午前11時。
通りの店を冷やかしながら、写真を撮りながら、キンタをゆっくりと歩いて行く。

それでも、思ったよりもずっと近くにバスターミナルに着いてしまった。
プラヤデルカルメンって、思っていたよりかなり小さい。

バスターミナルの前に貝殻で出来たようなかわいい装飾品を売っている屋台が出ていた。
早い話、原宿なんかの女子高生向けの安っぽいアクセサリーの店だ。

そこで日本人の女の子が「かわいー♪」と手にとって値段を聞いている。
その答えが、ものすごく高いボッタクリ値段を言う。

僕が見ても、せいぜい2〜300円がせいぜいだろうし、それならお土産だからとナットクできる。
ところが、10倍くらいに吹っかけている。

このおじさんは物を売りたくないのかしら?と思ったくらいだ。
女の子が「これ何で出来てるの?」と聞く。

僕は「貝のように見えるプラスチック製だろう」と疑っていた。
が、このおじさんは、なんと「日本人の骨だよっ!」という嫌味な返事をする。

僕は予想したね。
このおじさんは、多分、観光客の日本女と昔、深い関係になったあと、あっさり振られたのだろう。

そこで、日本人に恨みを抱いている。
正直、僕の人生経験から言って、日本女と恋に落ちるような白人は、ちょっと性格的に欠陥があることが多いからね。

同じ国の女性から相手にされないレベルの男性が、日本女性に走るわけだ。
まあいくら真実でも、ちょっと面倒くさいことを旅行哲学しそうになった。

長くなるので止めておこう。
それよりも、キンタが案外と短かったという話。

予定よりも早くバスターミナルに着いてしまった。
ここで、荷物をちょっと預けて、コスメル島へのフェリーターミナルでも見に行くつもりだった。

ところが、切符を買いに行ったら、目の前に出発間近のバスがあるのを見つける。
すると、ついうっかりと乗ってしまうんだよね。

これが、プラヤデルカルメンからカンクン空港への直行エアポートバスだ。
午後12時。

料金が80ペソ、座席番号が39番。
バスは乗客半分ほどで、僕が乗ったらすぐに出発した。

【プラヤデルカルメンから空港へのバスにはトイレもある】
写真でもわかるように、バスの中にはモニターもある。
トイレの表示もあるのがわかるだろう。

バスは快適な舗装道路を、急ぐのでもなく静かにスーッと進んで、カンクン空港に到着した。
到着時間は午後1時5分。

プラヤデルカルメンからカンクン空港まで1時間ちょっとかかったわけだね。
バスから降りて、バスの前で写真を撮ってもらった。
バスは、僕ら乗客を降ろすと、すぐに去って行った。


【空港バスは乗客を降ろしてとっとと去る@降車専用バス停/カンクン国際空港】
バスの正面に「DEL」とか「PLAYA」とか電光表示があるのが見える。
これは当然、「PLAYA」「DEL」「CARMEN」と表示されているのだろうね。

【世界旅行者みどりのくつした(みど先生)@カンクン国際空港(2007)】
LAへのアラスカ航空のフライト時間より、かなり早く空港に着いてしまった。
でも、「空港に着くのは早ければ早いほどいい」ので、問題はありません。

【旅行哲学】プラヤデルカルメンからカンクン空港へのバスはなかなかいいです。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx