Hotel Hacienda Agua Azul@Playa del Carmen

【Hotel Hacienda Agua Azul】
プラヤデルカルメンのバスターミナルに日が暮れて到着する。
真っ暗な中、人に道を聞きながら、繁華街のキンタ(5番街)へと到着。

プラヤデルカルメンの中心地は、夜でも人通りが多い。
しかも欧米人の観光客だらけだ。

最初に当たったホテルはかなりみすぼらしかった。
一応ホテルの宿泊費の比較をするためにチェックしたんだけどね。

ファンのみの部屋で400ペソ(4千円)、エアコンが付くと500ペソ(5千円)とは信じられない値段だ。
この雰囲気では、ビーチ沿いや中心街の5番街にあるきれいなホテルはかなりの値段がするだろう。

明日はカンクンからロサンジェルスへ戻るので、プラヤデルカルメンでは泊まるだけでいい。
そこで10番街(とはいってもワンブロック海から遠いだけ)で当たってみた。

シャワー、トイレ、テレビ、エアコン付きの部屋が250ペソ(2500円)との話だ。
それならと、すぐに決めてしまう。

それが(翌朝撮った)写真の「Hotel Hacienda Agua Azul」だ。
僕の部屋は3階の一番左側の角部屋。

このホテルの部屋は、壁の塗料が剥がれかけていたり、シャワーのお湯の出口が変な方向に固定されていたりして、使いづらかった。
でもね、すべての設備が一応機能している部屋に2500円で泊まれればいいだろう。

メキシコのほかの観光地のホテルと比べても、安かった。
例えば、カンクン市内の「HOTEL ALUX」は330ペソだったしね。

プラヤデルカルメンのキンタ(5番街)は、夜遅くまで観光客でにぎやかな歩行者天国になっている。
僕のイメージとしては、ちょうどロサンジェルスのサンタモニカの「サードストリートプロムナード」みたいな感じだったよ。

このホテルは夜になると近所の人が一階のフロントに集まって、グータラしていた。
そこを「オーラ(やあ)!」と声をかけて通り抜けて、スペイン語で軽く世間話をする。

この気楽さもいいね。
もっと長くいたら、屋上で日焼けをしたり出来ただろう。

白人の女の子も泊まっていたから、何日か顔をあわせて挨拶しているうちに、愛だって芽生えたかもしれない。
こういう安くて、設備が壊れかけている、いい加減なホテルは、過ごしやすいんだ。

たらーんとしていて、ビーチには結構お似合いだと思うね。
だって、部屋を汚く使っても全く気にならないしね(笑)。

【写真】Hotel Hacienda Agua Azul@Playa del Carmen
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx