翌日のチチェンイツァへの切符を買ったあと、カンクンのバスターミナルで子供を逆さに持ち上げる@カンクン/メキシコ

【カンクンのバスターミナルで子供を逆さに持ちあげた】

【カンクンのバスターミナルの時刻表】
最近の日本人旅行者は、全く面白くない。
もともと海外個人旅行者とは、自分でいろいろ考えて、自分の好きなように、自由に旅をするもの。

失敗したり、思いがけなく成功したりして、自分のエピソードを持っている。
ところが、近頃は、他人の旅行を調べて調べて調べまくり、他人のやったとおりに、うまく要領よく旅をすることしか考えない日本人ばかりだ。

考えて欲しいのだが、他人と同じ旅行をうまくやったとして、そんな旅行が面白いだろうか(涙)?
少なくとも、他の人に話せるようなものではない。

もちろん、誰も興味を持って聞いてくれない。
だって、他の人がやったとおりの、ありふれた、つまらない旅なのだから。

他人がすでにやった旅を、自分の金を使ってやるのは、損だ。
でも、こういう日本人が増えたせいで、日本のインターネットには、他人の旅を調べてまねしようと考える、つまらない人間が増殖している。

言っておくが、ドキドキハラハラしない旅なんて、やっても仕方ない。
おとなしくツアーに参加した方がいいよ(笑)。

というわけで、常に独創的なことを考える、日本で唯一の本物の世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、2007年の旅行でも、敢えて10年以上前のガイドブックを使っている。
そして、「Lonely Planet Mexico 5th edition(1995)」にあったHotel Aluxに、飛び込みで泊まった。

ホテルが決まれば次に考えることは、翌日の計画。
カンクンの町自体は、何の面白みもない、物価が高いだけのつまらないところだ。

こういう滞在する価値のないところにも、日本人宿がある。
そして日本語しかしゃべれないさびしい人たちが集まっているとか。

それが、「カーサ吉田」というところだ。
そこへ日本人旅行者を馬鹿にしに行こうと思っていたが、雨が強いので止めた。

後は、とにかく、明日のチチェンイツァ行きのバスをチェックすること。
バスターミナルへ戻って、時刻表を見る。

ADO社のチチェンイツァ行きのバスは、午前9時にある。
到着時間は正午ごろ。
それを確認して、窓口で切符を買う。
ADO社は、完全コンピューター化されている。

僕の名前が入った、ADO社の切符(カンクンからチチェンイツァ)
切符に座席番号と僕の名前が入るが、窓口の女性は、僕が「ケンイチロウ、ニシモト」と言っても、もちろんどう書くのかわからない。
結局、キーボードを渡されて、自分で自分の名前を書き入れた。

午後8時に切符を買ったのに、翌朝のバスの座席は「1番」になった。
これは「前日にバスの切符を予約するなんて用意周到なやつは、メキシコにはほとんどいない」ってことかな。

切符を買い終わって、バスターミナルを見物していたら、メキシコ人のおじさんが声をかけてくる。
子供を逆さに持って歩いてきて、「お前も持て」という雰囲気だ。

カメラを渡して、僕が子供を頭を下にして持っているところを撮ってもらう。
まあ、僕は旅行経験豊富な世界旅行者だから、一瞬なにかの詐欺かな、と思わないこともなかったが。

メキシコのいい加減な雰囲気に乗って、子供を持ち上げる。
こどもも、逆さに持ち上げられることに慣れていて、おとなしい。

僕が持ち上げたところを写真にとってもらう。
そして、みんなでワハハと笑って、それで終わりだった。

カンクンからチチェンイツァへのADO社の1等バスの切符は、142ペソ、つまり一時間当たり5ドル。
いくら1等バスだとしても、3時間程度にしてはちょっと高いかも。

昔(1989年)のメキシコの長距離バス料金は、1時間1ドルが相場だったのに。
運賃が5倍に上がっているとは…。

でもとにかく、翌朝のチチェンイツァ行きの切符をゲットしたのはいいことだ。
後は、飯を食って寝るだけです。
明日は、チチェンイツァだ。
1989年に行ったことがあるが、どう変化しているかな
もちろん、昔よりずーーーっともっと観光化されているに違いないわけだが。
でも、あれほどとは…(涙)。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx