MTA460番のダウンタウンルートが変化していた@LA/カリフォルニア(2007)
古い時刻表 新しい時刻表
ロサンジェルスは常に変化している。
少し前の情報は常に疑ってかからなければならない。

だから、僕はLAへ行った時は必ず、アルコプラザのMTAのオフィスへ行って、最新の時刻表やバスルートマップを入手することにしている。
2007年も、まず観光案内所へ行った後、次に向かったのはアルコプラザだった。

問題だったのは、MTAのオフィスもまた移動してしまったってこと。
だから、バスに乗るための情報が入手できなかった。

ただ、ダウンタウンからビバリーセンターへは、昔の通り14番で行けたし、また帰りも16番で戻ってこれた。
しかしディズニーランドへバスで行くのは2時間近くかかる。

そこで、ユニオンステーションからアムトラックでいけないかと考えてみる。
僕は以前【ディズニーランドから、ハリウッド、ユニバーサルスタジオへの行き方について考えた】こともあるしね。

ただ、アナハイムの駅からディズニーランドへ、いま使いやすい交通機関があるのかどうか、それはわからない。
そこでだよ、僕はうっかり「観光案内所で聞けばわかるんじゃないか」と考えてしまったんだ。

観光案内所へ行って、「ディズニーランドへアムトラックで行けないか」と聞く。
すると、観光案内所のおばさんは、「バスでいけるから、バスで行きなさい」との返事だ。
「460番でいけるわよ」と、460番バスの青い時刻表もくれた。

「やはり観光案内所では情報は入手できないなー」とは思ったが、大げさに感謝して立ち去る。
460番のダウンタウンルートを見ると、昔のままだ。

つまり、ディズニーランド行きの460番はダウンタウンの6番街を東へ進む。
帰りのバスはダウンタウンの5番街の西行きで戻ってくる。

そこで、ディズニーランドへ行くと決めた朝、僕は6番街で460番のバス停を探した。
が、見つからない。

歩き回って、次々とバス停をチェックするが、460番の標識が存在しない。
「ルートが変化したのか!」と焦った。

でも昨日観光案内所でもらったバスの時刻表でも、はっきりと6番街で乗ることになっている。
「これはおかしい。ディズニーランドへいくのは止めよう!」と、思ったね。

ところが、僕が焦ってバス停を探しているその雰囲気に気が付いたのだろう。
ユニオンスクエアの南にあるカフェのおじさんが出てきて、「460番は5番街だよ」と教えてくれる。

僕の記憶によると、5番街は西行きの一方通行なので、それはありえない。
とは思ったが、一応ユニオンスクエアの北側の5番街へ行ってみた。

すると、460番のバス停が存在した。
しかしもちろん、これはディズニーランドから帰りのバスのはずだ。

一応そこに居た男性に聞いてみる。
「ディズニーランド行きのバスはここからですか?」ってね。
すると、「イエース!僕もディズニーランドへ行きます」との驚くべき返事だ。

世界旅行者は旅先で出会った人から何か情報を得ても、全く信じていない。
非常に疑い深い、陰湿な性格だ。

460番のバスがやってくる。
乗り込んで、運転手さんに「このバスはディズニーランドへ行きますか?」と確認した。

運転手さんまでディズニーランド行きだという。
それならば、それは確実だろう。

ディズニーランドまで2ドル25セントだった。
以前はもっと高かったはずだが、料金の改定で安くなったようだ。

MTAバス自体、以前は片道料金が1ドル35セントだったが、現在は1ドル25セントになったしね。
バスのパスを持っている場合、1ドルの追加料金でディズニーランドへいけるよ。

ちょっと不安なままの気持ちでバスに乗っていると、バスはダウンタウンのフラワーストリートを南へ下っていく。
そして、なんと、僕が泊まっていた「ミルナーホテル」の玄関の前に止まったよ(涙)。

これにはがっくりした。
後で確認すると、確かに、ホテル玄関前にバス停があって、そこにははっきりと460番が書いてあった。

自分の過去の経験に頼ったりせず、観光案内所に行ったりしなければよかった。
ごくおとなしく、観光客らしく、ホテルのフロントで聞いたらよかったんじゃないかな。

ところで、なぜ、観光案内所は僕に間違った時刻表を渡したのだろう。
それは、バスの中に置いてあったオレンジ色の時刻表を見たらわかった。

オレンジ色の時刻表は2006年12月17日から有効の新しいものだ。
つまり、去年の12月に、バスルートが変更になっていたんだよ。

それを観光案内所は知らなかった。
観光客に教えるのに、古い時刻表をつかっていた。

僕は「間違いだらけの海外個人旅行」に、「ロサンジェルスの観光案内所は頼りにならない」とはっきり書いているのにね。
自分で墓穴を掘ってしまった…。

でもまた、いい話のネタが出来てうれしい(とは全く思わなかったけど)。

観光案内所が世界旅行者のことを知っていて、旅の話のネタを作ってあげたいと、わざと古い時刻表を渡してくれたのかもしれないけどね(そんなわけはねーよ!)。

【写真】MTA460番のバスの時刻表/古い時刻表(青色)/新しい時刻表(オレンジ色)
【旅行哲学】ロサンジェルスの観光案内所を信じてはいけない
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx