正陽歩行街を歩く@正陽路(Zhengyang Lu)/桂林

正陽路(Zhengyang Lu)
桂林後街国際青年旅館にチェックインしたあと、すぐに近所を見に歩いた。
シェラトンホテルとユースの間の人民路をリ江を背にして歩く。

人民路には道の中央に土産物屋の屋台が並んでいる。
そのまま歩くと、いろんな店が道の両側にずらりと並ぶきれいにタイル舗装された通りにぶつかる。
これが正陽路だ。

突き当たった正陽路は、リ江に沿った公園になっている濱江路と平行に走っている。
正陽路は完全に観光客向けの歩行者天国だ。

レストランや土産屋、ファッショナブルな店などがたくさんある。
「おやおや、すごいね。これもたぶん観光客向けに再開発されたんだろうねー♪」と、感心しながら歩く。

曲がり角に、ケンタッキーフライドチキンを発見する。
突然、朝から何も食べてないのに気が付く。

広州でケンタッキーがおいしかったことを思い出して、またケンタッキーに入っていく。
英語が通じないが、ちゃんと英語のメニューを持ってきてくれた。

チキンを4ピース(7.5元×4)と手羽を2個(7×2)で44元。
つまり700円くらいだ。

これに、食料品店で見つけた長城(Great Wall)ワインが55元。
合計100元、つまり1500円の昼食にするのは、ちょっと中国旅行としては豪華すぎるかな。

ケンタッキーフライドチキンの賑わいを見ると、中国の中産階級は確実に育っているね。
ユースの部屋でチキンとワインを昼食にすると、コロッとベッドで気持ちよく寝てしまった。

そのまま寝続けて、目が覚めたのが夜の8時。
外はもうすっかり暗くなってるが、ユース前の人民路は照明で明るい。

まだ、人がざわざわと動いている。
何か軽く、ラーメンでも食べようと思って、ユースから出る。

歩行者天国に出ると、ものすごい人出だよ。
ここは昼よりも夜のほうが賑わうってことね。

ぼんやりと歩いていると、後ろから日本語で声をかけられた。
「あなた、にほんじんですかー?」ってね。

さてこれから、中国公安のスパイとの戦いが始まる、かもしれない。
期待して続きを待て!

【写真】正陽歩行街
【旅行哲学】桂林は本当に、思った以上の大観光地だね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061121