「桂林陽朔西街国際青年旅館」で深圳へのバス切符を買う。
僕の日本への帰国便は香港発のドラゴン航空KA363便だ。
しかもフライトは午前9時05分。

チェックインは午前7時。
空港へいくのに余裕を見て1時間と考えれば、前夜はゼッタイに香港に泊まっていなければならない。

旅行代理店に当たると、陽朔から香港への直行のバスは存在しないらしい。
またあったとしても、香港への到着は前日でなければならない。

すると、香港に行く前日に、さらに広州で泊まることになるか。
でも、広州に1泊して1日をただ移動のために使うのはばかげている。

陽朔から深圳へは、昼間のバスと夜行バスが一本ずつあるという。
昼間のバスに乗ると、夜に深圳へ到着し、多分香港へ移動してそこで泊まる。
これも疲れる。
夜行バスの場合は寝ている間に移動して朝到着するから、移動に便利だ。
宿泊費が1泊分助かって、料金は282元。
今の時期だとほとんどホテル1泊分で移動できる。

夜行バスの出発が午後10時、深圳到着が午前8時だそうだ。
つまり乗車時間は10時間。

ただ、僕の中国の寝台バス乗車経験を思い出すと、一回しかない。
それが、チベットのラサから青海省のゴルムドへのバスだ。
このときは、ホント死ぬかと思ったよ(涙)。
参照:「ラサからゴルムドへのバス」

ただ、その時は5千メートルの高地を40時間も走ったわけだ。
今回は(多分)よく舗装された平地をたった10時間だ。

しかし、バスのベッドはどんな風になっているのか?
その疑問を抱いてリサレストランへ行くと、日本人の若者を見つける。

話しかけてみると、彼はちょうど僕の考えているのと逆に、香港を出て深圳に入り、そこから夜行バスで陽朔へ来たそうだ。
料金はちょうど300元だったという。
ただ彼は、深圳から桂林へのバスに乗って、途中の陽朔で降ろされたのだとか。
彼の説明では、バスは2段ベッドが3列(右窓側、中央、左窓側)に並んでいる。
身体も伸ばせて、とても快適だったそうだ。

それならば、夜行バスで行くことにしよう。
夜行バスに乗ろうか迷っている時に、夜行バスに乗ってきた若者が目の前に現れる。
ま、これが僕の旅行の流れなんだからね。

陽朔にはたくさんの旅行代理店がある。
しかし、僕が選ぶのは西街に面した「桂林陽朔西街国際青年旅館(Youth Hostel International West Street Yangshuo Branch)」だ。
ここはもちろんユースホステルで、旅行代理店もやっている。
「Lonely Planet」にも紹介してあるので、とにかく信用できるからね。

ただ、夜行バスの写真を見せてもらうと、それには隣同士くっついた2列と、窓際の1列の3列になっていた。
カウンターの女の子に「一人用のベッド」と指定すると、電話を一本かけて、さっと領収書をくれた。

僕が「これは羅湖(Lo Wu)へ行くんでしょ」と聞くと、領収書に羅湖と走り書きしてくれた。
羅湖とは、深圳と香港の国境の鉄道駅で、ここで降ろしてくれさえすれば、ほとんど深圳に触れることなくすんなりと香港へ入れるわけだ。

はてさて、本当に無事にたどり着けるものか。
午後10時出発のバスに乗るために、ユースに午後9時に集合ということだ。

僕がユースで切符を買ったのは、安全を第一に考えたから。
ユースは午後9時に開いているから、トラブルが起きても文句を言えるってことだったわけなのね。

【写真】「桂林陽朔西街国際青年旅館」のカード
【旅行哲学】とにかく切符は信用できるところで買ったほうがいい。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061017