海外から絵葉書を送る@陽朔/中国

2006年に桂林、陽朔への旅に出た理由について。

もちろん、世界遺産としても有名な桂林を訪れてみたいという気持ちもあった。
また、沈没地としての陽朔を見てみたかった。

でももっと大きな理由は、「興味深い旅先から日本の友人に絵葉書を出したかった」んだ。

僕は正直e-mailが得意じゃなくて、ほとんど書かない。
書くときは、興味深い情報を入れて、面白い落ちをつけようと考える。

ということは、僕が面白いと思うような話がなければ、メールを出せないってこと。
で、最近、あんまり面白い話がなかったんだよね。

それで、返事をしてないメールが溜まっていて、それを一気に海外からの絵葉書で処理してしまおうって思った。

こういうときは、桂林から葉書を出してはダメだ。
桂林ならば、日本からのツアーがたくさん行ってて、もちろんそこから絵葉書を出す人もいるだろう(ま、いまの時代、そんなにいないと思うけどさ)。

日本からのツアーは、桂林から陽朔への有名な「漓江下り」に参加するだろうが、川下りのあとはすぐにまた桂林へと戻ることになっている。
だから、ツアーではわざわざ陽朔から絵葉書を出せないはずだ。

ということは、陽朔の消印のある絵葉書を日本に送れば、それはGJ(グッジョッブ)ってことだよね。

【世界旅行者が陽朔から送った絵葉書。消印に注目してね】
というわけで、世界旅行者は、陽朔の西街(West Street)で買った絵葉書を、「LISA」レストランで書いて、郵便局で送りました。
一枚4.5元、つまり70円程度。

これって、日本も同じくらいじゃなかったかな。
やはり中国は、物価が高いよ。
注:2006年10月7日に陽朔で出した絵葉書が東京に10月13日に着きました。つまり約1週間かかりました。
これはかなり早いね。

【写真】陽朔の鵜飼いさん
【旅行哲学】海外から絵葉書を出すために旅に出る。これが世界旅行者のすごいところだ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061013