月亮山(サイクリングツアーを誘うお姉さんたちの話)@陽朔

陽朔のメインストリート西街を歩いていると、必ず、若い中国人女性から声をかけられる。
僕はその一人からホテルを教えてもらったし、旅行代理店にも連れて行ってもらった。

また、中国銀行で両替する時に「パスポートのコピーをもってこい」と言われて、探し回った時は、別の女の子に助けてもらった。
しかし、彼女たちは観光客を助けるためのボランティアではない。

実は、彼女たちは陽朔の自転車ツアーを売り込みたいみたいなんだ。
自転車ツアーとはいっても、話を聞くと、陽朔の名所を女の子と一緒に自転車で見て回るらしい。

他の旅行者からの推薦状や一緒に撮った写真を見せてくれる。
日本語の推薦状もあるし、もちろん英語の推薦状もあり、笑いながら一緒に写った写真もある。

好きな人だったら、こういうツアーに参加してもいいと思うよ。
ただ僕は、「ガイドと2人で観光する」というシチュエーションが好きじゃない。

僕はホントに性格が弱いので、ついガイドさんのご機嫌を取ってしまうんだ(涙)。
タクシーに一人で乗ると、タクシーの運ちゃんのご機嫌を取ってしまう。

これは、どこに居てもそう。
つまり僕は東京でもタクシーに乗ると「運転手さんも大変ですよねー」とか「運転が上手ですねー」などと声をかけて、社会情勢を面白おかしく語り、話を盛り上げてしまう。

だから、ガイドに対しても一対一だと気を使ってしまって、とても疲れる。
客が2人でガイドが1人ならば、まだなんとか気にしないで済むんだけどね。

この僕の感覚は、僕がモスクワシェレメチボ2空港で、トランジットビザを取って、赤の広場を観光にいったときにも説明したことがあるので読んでね。

ところで、ぼんやりと西街を歩いてたら、辻くんに再会した。
彼はなんでもレンタサイクルを借りることにしているらしい。

ところで僕の海外個人旅行テクニックの本質は「コバンザメ式旅行法」というものだ。
それは「誰かが旅行計画を立てていたら、それに素直に乗っかる」ってことね。

ぼくはこれで、チベットにも行った。
というか、僕の旅行はほとんどが自分で考えたものではないんだよ。
その場その場で、誰かに出会って、その雰囲気で旅をしていただけなんだからね。

例えば、僕がバルセロナからアンダルシアへ行ったのは、一緒にスペイン語学校に通っていた日本人学生の後を追ったものだったしね。
アンダルシアからモロッコへ渡ったのは、バルセロナの「ペンションチキータ」で話をしたハーフの日本人の影響だった。

僕は旅先のその場その場で、なにか、神の啓示を受けると信じている。
そして、旅先の出会いで旅の方向を決めているわけだね。

ま、このときも、僕は陽朔を自転車で見て回るのは一つの旅のありかただと思っていた。
普通の日本人は桂林から陽朔への灕江下りをして、桂林のあの特殊な風景を見ることだろう。

僕はその料金460元が惜しくてその灕江下りをしていない。
すると、陽朔で自転車に乗って、奇妙な山々の風景を見るのが一つの旅のあり方。

まあ、陽朔の町にいるだけで、その風景は感じられる。
だから、僕1人ならば、わざわざ自転車なんかには乗らないよ。

でも、昨日知り合ったばかりの辻くんが自転車で見て回る計画を持っている。
それは神が「世界旅行者よ、陽朔へ来たら自転車で風景を見て回れ!」と命令しているわけだよ。

だから僕は、辻くんの話に乗ることにしたわけだ。

【写真】月亮山の月の形の穴をバックに
【旅行哲学】旅先ではいろんなチャンスがどんどん出現するもの
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061031