日本人旅行者と@リサカフェ(Lisa’s Cafe)/西街/陽朔

陽朔の「鑫魚鳥酒店(King Fisher Hotel)」にチェックインしたあと、西街をあちこちうろつく。
部屋に戻って、清潔なベッドに横になって本を読んでいたら、コロッと寝てしまった。

連日移動していて、しかも常に朝早く起きているので、疲れているようだ。
移動手段もその日に見つけ、ホテルもその日その日に決めている。

しかも今度の旅では時間に余裕がないから、精神的にちょっとつらい。
今日も桂林のユースで朝早く起きて、タクシーにぼったくられ、桂林から陽朔のバスに乗り、バスを降りたら客引きに捕まり、道を聞きまわって西街を歩き、また客引きに捕まって、ホテルの値下げ交渉をしてと、いろいろあったんだからね。

夜8時ごろに起き出して、陽朔の中心街、西街へ出る。
この時間でも西街はものすごい人出だ。
というか、だいたい中国人は夜遅くまで活動的だし、欧米人も夜に動き出すので、この時間帯が西街の一番賑わう時間だろうね。

「なにか身体に優しいものを食べたい」と、通りに面したレストランを見て歩く。
西街には外人向けのバーやカフェがたくさんあって、昼間はそれほど目に付かなかった欧米人旅行者がたむろしている。

表にテーブルを出した「リサカフェ(Lisa's Cafe)」を見つけて、メニューをチェック。
ここは名前の知られたレストランで、またゲストハウスもやっている。

というか、西街のレストランはほとんどが部屋も貸している。
だから、少なくとも陽朔で宿が見つからないということはありえないよ。

「肉と野菜のヌードルスープ(8元、つまり120円ちょっと)」を頼んで、店の奥に入って座る。
ついでに、野菜炒め(10元)も頼んだ。

量は多いが、考えてみれば朝から何も食べてない。
ゆっくりと食べて、なんとか完食する。

ノートに旅行のメモを付けていると、店の奥にやはり何か書いている東洋人を見つける。
旅に出て何かを書くというのは日本人旅行者の特徴だ。

歩いていって、彼の手許を見ると、ノートに英語を書いている。
そこで「エクスキューズミー、バット、アーユージャパニーズ?」と聞いてみると、もちろん日本人だ。

英語をノートに書いていた理由は、旅に出たら英語の必要性を感じたから。
旅先の安宿で、欧米人が英語で話をして盛り上がっているのに、英語がわからなくて参加できなくて、それで英語を勉強し始めたのだという。
陽朔で今日、安く買ったビートルズのCDを聞きながら、歌詞を聞き取っている。

彼の名前は辻くん(名前と写真を出すのは彼の了承を得ています)。
半年間でアジアを横断する予定。

広島からパンスターフェリーで釜山へ行って、韓国を旅行して、仁川から青島へ渡り、上海、香港と旅をした。
香港から深圳へ出て、深圳から桂林への夜行バスで陽朔へ着いた。
これから南寧経由でベトナムへ進む計画だ。

これはいい話し相手が見つかったよ(笑)。
ちょっと旅行経験のある旅行者にとっては、自分が旅をしたところへ行く人間とはすなわち、ウンチクと説教の対象物でしかない。

あることなこと、とにかくしつこく教えたがるものだ。
僕はそこがよくわかっているので、自分の知識をひけらかさないように注意して、ほんの2時間くらい旅の話をして、説教してあげた(笑)。
もちろん、2人で飲んだビール(10元)を3本の料金は僕が気前良く支払いました。

で、店の人に写真を撮ってもらう。
ただ、店員が写真を構えると指がContax-T2のフラッシュ部分にかかるんだよね。
そこを注意する。

また、どうも2人の間、つまり後ろの壁にピントを合わせている気がする。
しかし、そこまで説明するは難しい。

店員がシャッターを押してもフラッシュが光らない。
つまり、シャッターの押し方が足りない。

どうも最近のカメラ(特にデジタルカメラ)は、シャッターが浅くて軽く押せるようになっているようだ。
昔のカメラは、焦点をあわせるのと、シャッターを切るのが2段になっているのだが、その使い方がわからないみたいだ。

写真の撮り方をいろいろ注意したので、ちょっとイライラしてしまった。
そのせいか、疲れているからか、僕の表情が硬いことに注意してください。

【写真】辻くんと@リサレストラン(やはりピントは後ろの壁に合っているようだ)
【旅行哲学】旅先で旅の自慢話を聞いてもらったらビールはおごるのが旅行常識

注:しかし東京で、本当に役に立つ、興味深い海外旅行の話を聞きたいならば、世界旅行者におごるのが基本です。