鑫魚鳥酒店(King Fisher Hotel)

【桂林から陽朔へのバス@桂林鉄道駅横】
桂林から陽朔へのバスは、桂林の長距離バスターミナルからも出ているらしいが、最も便利なのは桂林駅横からの直通バスだ。
僕が桂林駅へ行ったら、出発寸前だった。

バックパックをバスの荷物室に放り込んでバスに入ると、すでに座席は一杯で、一番後ろの席になる。
隣には近くの町から休暇でやってきた、若者3人組がいて、片言の英語と筆談とで会話してみた。

桂林からは、だいたい一時間程度で陽朔へ到着する。
桂林は大都市だが、陽朔はひなびた小さな村。
そんな幻想は陽朔へ近づくにつれて、消滅していった。
陽朔も結構大きな町だよ。
バスが進む道の両側には、3階建て程度の建物がびっしりと並んだいた。
バスターミナルで下ろされたのはいいが、方向がわからない。
中心の通りが「西街(West Street)」というところらしいが、どちらが西かわからない。
また実際、西街は、バスターミナルの東側にあったんだけどさ(涙)。

【陽朔西街の入り口】
ちょと迷っていると、客引きから声をかけられる。
彼に連れて行かれたのが、ユースホステルだという。

しかしどう見ても普通のホテルだし、特に安いわけではない。
しかも大通りに面していてやかましく、期待していた白人旅行者の溜まり場のようなバーも見えない。

桂林でもそうなのだが、景勝地に来て、交通の多い大通りに面した宿に泊まっては全く意味がないよ。
道を聞きながらうろうろしていると、観光案内所を発見する。
そこで西街の場所を聞くと、「あっちの方!」と指差すだけだ。
地図があったので、それをもらおうとすると、8元取られる。
地図を見ながら歩いていくと、いかにも観光地らしいミエミエの通りを発見する。
あとで気が付いたのだが、バスターミナルから西街へは、賑やかな細い道が続いていた。
つまり、最初に感じたとおり、みんなの行く方向へ流れていけば、自然と西街へたどりついたはずなんだけどね。
さて西街は石畳で舗装されている。
その両側には、レストラン、バー、旅行代理店、みやげ物屋、宿がずらりと並んでいる。
これでは完全な観光客狙いの通りだよ。
僕は学生時代は京都だったので、銀閣寺への参道を思い出したね。
陽朔は決してバックパッカーがのんびりと過ごせるようなところではないような気がするけどね。
西街をずーっと進んでいくと、川に突き当る。
もう一度逆向きに西街を戻りながら、宿をチェックするつもり。

でもまあ、西街は中国人の観光客で一杯だ。
僕はここを「中国の原宿竹下通り」と、心の中で名づけた。

宿もたくさんあるし、ここでは「有室(空き部屋あります)」の札を出しているので、目移りがする。
宿がなくても困るが、宿がありすぎても迷うわけなのね。

それに特に心当たりの宿があるわけではないし…。
ぼんやり歩いていると、女の子が声をかけてくる。
「部屋を探しているんでしょ」と英語で言う。
客引きなのだが、この町の宿の設備と値段の見当をつけるにはいいだろう、と付いていく。

連れて行かれたのが「鑫魚鳥酒店(King Fisher Hotel)」だ。
見せてくれたのが3階の301号と302号。
共にツインルームで、トイレシャワー、エアコン、テレビ付。
これで言い値が200元だ。

200元といえば、日本円で3千円ちょっと。
これは高いので、値切ってみる。

すると3泊するなら、1泊150元になるという。
このとき、1泊150元が基準になっていたので、あっさり決めてしまった。

というのは、香港の重慶大厦のシングルが140香港ドル、広州のユースのシングルルームが155元だった。
だから、「150元ならば、そんなにぼったくられてはいないだろう」という意識があったからだ。

さらに、ホテルの隣が、たまたま桂林で泊まったユースの系列で、カードにあった「バックストリートユース」だった。
入っていって、部屋を聞いたら、「今日は満室だが、部屋があったとしても1泊260元」という恐ろしい答えだったからね。

それで、鑫魚鳥酒店に決めた。
他の理由は、受付のおばさんの雰囲気がよかったことかな。

一階の受付横には、インターネットのできるコンピューターがあった。
インターネットでチャットをしていた娘さんと、僕のサイト「世界旅行者みどりのくつしたの部屋」にアクセスする。
インターネットの速度はかなり遅かったが、僕の写真を出したら、びっくりしていたよ(笑)。

【写真】鑫魚鳥酒店(King Fisher Hotel)のカード
【旅行哲学】客引きの話に乗って宿を見るのは、別に悪くない。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061015