桂林の夜、各種日本語使いの人々との出会い@桂林

【人民路のど真ん中に立つ回転寿司屋・田舎】
午後9時近くになったが、ユースを出て人民路を左へ、正陽路の方へ歩き出す。
すぐに日本語で声をかけられた。
「あなた、にほんじんですかー?」ってね。
世界中の観光地には、日本語で声をかけてくる、詐欺師、泥棒、客引き、ガイドなどがイヤになるほどうじゃうじゃ存在する。

一番ウザッタイのが、イスタンブールだ。
なぜかトルコ人の日本語は、全く訛りがない。

だから、歩いていて、後ろから「すみませーん」でも「どこ行くのー」とか、何でも声をかけられたら、完全に日本人だと思って、ゼッタイに振り向いてしまう。
言葉の構造が似ているのだろうか、イスタンブールの日本語使い諸君は、本当に下手な日本人大学生よりも日本語の使い方が上手だ。

しかも毎日毎日、日本人と話をしているので、日本人の会話のパターンを暗記している。
つまり、日本人が誘いを断る話し方まで熟知しているので、一度会話を始めたら逃げられない。

イスタンブールのトルコ人には、普通の日本人旅行者は、完全に負けてしまう。
ま、世界旅行者先生様を除いたらね(笑)。

しかし、桂林で僕に声をかけてきた中国人は20代後半で、それほど日本語が上手ではなかった。
「おねえさんが横浜で中華料理屋をやっているので、自分も横浜へ行く。今は日本語の勉強中。年齢は27歳」と言う。
何かの客引きかと思っていたが、特に誘うわけでもない。
適当に「人が多いねー」なとど世間話をしながら、レストランを探す。
正陽路を右へ曲がった依仁路(YIREN LU)も歩行者天国だ。
ここに客の少ない、窓の大きな(入りやすい雰囲気の)レストランを発見。
すぐに中に入って、メニューを見る。
レストランに入ってしまって、この中国人を振り切ったわけね。

値段も適当なので、ここに決めて、まずビールを注文する(10元)。
おなかに優しそうな米粉野菜そば(かなり量が多くて22元)を選んで、ビールを飲む。

すると、左後方から日本語で「いま何時ですか?」と声がかかる。
これは完全に日本人だと思ったので、時間を教えると、彼は僕のテーブルに座った。

僕がユースに泊まっていると当てて、「ユースも観光シーズンなので部屋代を倍に上げたんですよ」と話す。
彼は建設関係の技術者らしく、いろいろと話をした。
香港の高層ビルの構造について、僕が質問すると、的確な答えが返る。
また、回転寿司のベルコトンベイアー設置の指導に来ているとの話。
ただ、途中で僕は、「この人は完璧な日本語を話すが、日本人じゃないなー」と感じた。
話が政治的な方向に進んだりする。
日本の首相の、靖国参拝問題などね。
そこで思うことは、中国の公安が僕を探っているのではないかということ。
日本の建設技術者が靖国参拝なんかで会話できるとは思えないよね。
僕は、中国よりの立場に立って、話をした。
「日本人なんていい加減ですから、靖国参拝なんか誰も真面目に考えてない」
「日本の中国侵略は確かに悪いことでしたね」
などと、適当にまとめた。

実際、普通の日本人観光客は知らないだろうが、この桂林も陽朔も日本軍が占領、支配していたこともあるんだよ。
しかし、話はリ江下りに移り、「外国人観光客は460元で高いが、中国人と一緒ならば半額で行ける。中国人の女性を紹介しましょうか」というエッチ系へと流れた。

ただ僕は、この話は彼が疑われないためのごまかしだと思ったよ。
いまでも40パーセントくらいは、公安が僕を調べたのだという気がする。

支払いの時に、わけのわからない5元(お茶代だと言ってた)を追加されて、37元。
これは、ケンカをしてもつまらないので、払ってしまった。

外に出て歩き出すと、こんどは若い女の子が話しかけてくる。
「マッサージはどうですか?」という話。
彼女の日本語はたどたどしいので、あとは「やすいよ」くらいしか言えない。
適当に歩いていると、どんどん付いてきて、「セックスもあります」とのことだった。
僕はお金を払って女性とお付き合いをするのはポリシーに反するので、断った。
日本人が中国で女性とセックスすると、その写真を撮られて、協力するようにと脅される可能性もあるしね。
ただ、僕は僕自身のどんなに恥ずかしい写真が流れても、ちっとも怖くない(笑)。
それは「セックスは変態ほどキモチイイし、恥ずかしいことではない。人間の本質はセックスだ」という世界旅行主義を持っているからなんだよ。

ただ、だらだらと夜店を冷やかして歩きたいのに、この女の子が僕から離れてくれないのが困ったね。
きっと話しているうちに、僕のことが本当に好きになったのだろうさ。

店の一つに北京オリンピックのロゴ「OLYMPIC 2008」の入ったキャップがあったので、値段を聞くと、70元という。
70元とは約千円だ。
つまり、日本人観光客には「千円、千円!」と売るわけだろうとピンと来た。
ついうっかり、値切る定番としての「半額以下」、つまり30元!と言ったら、買わされてしまった(涙)。
百元札を渡したら、おつりを返さず、他のものを売りつけようとする。
最後には、色違いのもう一つのキャップを出して、「2つで50元」と言った。
つまり、僕の帽子の買値が高すぎたってことです。
でも友達もいない僕がキャップを2つ買っても使い道がない。
なんとか、おつりを70元ゲットする。

依仁路にはスーパーマーケットもあった。
ここで買うと、ワインも水もぐっと安い。

人民路へ戻ると、そこに回転寿司を発見。
まあ確かに、中国人民の皆様がマグロを食べだしたら、マグロの値段が上昇するのは仕方ないことだろうと、考えました。
でも僕は、特にマグロを食べたいとは思わないけどね。

【写真】人民路のど真ん中にある回天寿司屋「田舎」
【旅行哲学】桂林の夜店を冷やかすのも楽しいね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061124