桂林後街国際青年旅館(Guilin Backstreet Youth Hostel)

桂林後街国際青年旅館(Guilin Backstreet Youth Hostel)

広州白雲国際空港から、中国南方航空CZ3236便で桂林両江空港に到着する。
桂林空港からエアポートバスに乗って、桂林の町へ(20元、約30分)。

僕は桂林駅へ行くつもりだったが、途中の天鵝賓館(White Swan Hotel)で無理に降ろされてしまった。
ホテル前で待っていた英語の上手な女性に引っ張られて、ホテルの中の旅行代理店へと連れ込まれる。

「ホテルはどこにするのだ」と聞かれ、「Lonely Planet China 8th edition(2002)」を見せる。
僕の考えとしては、ガイドブックに紹介してあった、川沿いにあるという「桂林国際青年旅館(Guilin International Youth Hostel)」に泊まるつもりだった。

すると、親切にもユースへ電話をかけてくれた。
受話器を僕に渡すので、英語で会話をして、部屋を予約する。

ただ、一部屋260元という、ユースにはありえないものすごいことを言うので、なんとか240元まで交渉して下げたがこれが限度。
旅行会社のアンジェラちゃんは、リ;江下りの予約をさせたそうだった。

ただ僕は行くかどうかわからない。
アンジェラちゃんの電話番号を書いてもらって、「行くと決めたらアンジェラちゃんに連絡するから」と約束する。

地図があるので、場所ははっきりとわかっているはずだ。
少し遠い気もするが、とにかく、リ;江の近くにあるユースまで歩いてみる。
桂林の中心街はどこも同じビルの並ぶ中国の都会だ。
「Lonely Planet」の地図を見ながら、ズンズンと歩く。
桂林駅前を通ってしばらくいくと、桂林の長距離バスターミナル。
ここら辺でホテルの客引きのおばさん連中が、次々と声をかけてくる。

適当に返事をして断っていたが、ちょっと相場を知りたくて、一つのホテルに行ってみる。
すると、シングル一泊で140元だとか。

140元ならば、ナットクできる値段だ。
ただ、値段はいいが、桂林の繁華街の大通りに面したホテルに泊まっても、全く意味がない。

さらに歩いていって橋を渡り、地図を見ながら、川岸を目的地方向に進む。
すると、川沿いに細長い公園が現れる。

それをずんずんと進むと、そのまま解放橋に出た。
しかし橋まで来ると、地図上では、ちょっと行き過ぎているんだよ。

つまり、川沿いに存在するはずのユースが見つからない。
ユースがありそうな場所には、なんと「シェラトンホテル」が堂々と存在している。

地図を見ると、ユースだと思っていたホテルはシェラトンホテルで、そこに印がつけてあるんだ。
僕は「ひょっとして、ユースがシェラトンになったのかな?」「シェラトンホテルの中にユースがあるのかしら?」と、非常にもっともな疑念を抱いた。

何か大きな間違いがある気がして、どっと冷や汗が吹き出る。
ガイドブックが古いので、もうユースはなくなってしまったのかもしれない。

しかしさっき電話をして予約したのだから、どこかにあるはずなんだが。
かなり重いバックパックを背負っているので、このまままた駅の方向へ戻るのは大変だ。

ここらで安い宿が見つからなければ、マズイことになる。
再度念入りに道路沿いをチェックしながら、歩き直す。

すると、「ユースはこちら」と英語で書かれた頼りない紙が、潰れたナイトクラブらしい建物の角にあるのを発見する。
それに従って横道に入ると、見事に桂林後街国際青年旅館(Guilin Backstreet Youth Hostel)が見つかった。

ユースに入っていって、「予約がしてあるはずだけど(I think I have a reservation)」というと、「あなたが電話で話をした人?」という心地よい返事だ。
僕が予約した2階の203号室に案内してもらう。

ツインベッドとシャワートイレがあってエアコン付き。
テレビはあるが、この部屋ではなぜか映らない。

240元をさらに、200元まで下げようと頑張ったが、それはさすがに無理だった。
僕がゲットしたのが、この日の最後の部屋だという。

実際そのようで、受付には次々と予約の電話がかかってきたからね。
「明日も泊まりますか?泊まらないなら、次の人の予約を入れます」とまで言うんだ。

バスを降りたところで、旅行代理店から電話をかけてもらったのがラッキーだったといえるだろう。
ところで、まだまだ午前中なので、さっそく、桂林の町を探検に出かけましたとさ。

注:この宿泊料は中国国慶節あとの「ゴールデンウィーク特別料金」という噂もありますが未確認です。

【写真】桂林後街国際青年旅館(Guilin Backstreet Youth Hostel)のカード
【旅行哲学】桂林では、シェラトンホテルの隣のこのユースが場所的にも最高です。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061014