「ゴダイゴゲストハウス」@彌敦道(ネイザンロード)/九龍/香港

「ラッキーハウス」を出て、そのまま、香港のもう一つの日本人宿「ゴダイゴゲストハウス」まで歩いてみた。
歩いてもたいした距離ではない。

もともとゴダイゴは、ラッキーの常連が迫害されて作ったものだという。
その詳しい話はこちらにあります。

ゴダイゴは、ネイザンロードと甘粛街(Kansu ST.)の角の平安大厦14階にある。
平安大厦はごく普通のビルで、エレベーターが三基あった。
こういう場合、香港では奇数階停まり、遇数階停まりと分かれているものだが、間違えて奇数階用のエレベーターに乗った。
15階で降りて、階段を使おうとしたが、見つからないので、一番下まで降りて、また乗り換えた。

それで「ゴダイゴゲストハウス」だが、いってみたらドアが固く閉じていた。
正午からオープンすると書いた紙がドアに貼ってある。

なんとなく流行ってないような気がする。
ゴダイゴの方にはシングルやツインの部屋もあるようだが、値段的にはシングルで120ドル(1800円)するようだ。
もちろんトイレやシャワーは共同だろう。

すると、僕が重慶大厦で最初に泊まったチョンキンロッジが80ドルだったから、利便性から考えても重慶大厦のゲストハウス群のほうがいいんじゃないかな。

だって、香港に観光に来たら、まず夜のスターフェリーには乗るだろう。
重慶大厦だとスターフェリーから歩けるが、ラッキーハウスもゴダイゴも、中途半端に遠いからね。

今度の香港旅行では、重慶大厦の有用性を再確認しました。
結局、香港が日本人にとって最も行きやすい、またエキゾチックな外国だった時代。
また、香港でなかなか安く航空券を買うことができた時代。
香港が、本当に中国の玄関だった時代。
そういう時代が過ぎ去った今は、香港にわざわざ行く意味もない。
だから、香港の日本人宿(ラッキーもゴダイゴも)の存在意義は、すでに、とっくに、なくなってしまっているわけだよ。
ゴダイゴゲストハウス
住所:九龍彌敦道389−389号 平安大厦14F 
電話:852-2385-7208
【写真】ゴダイゴゲストハウス
【旅行哲学】香港の日本人宿は、もうあまり存在する意味がないかも

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD