サイクリングでうろうろ@陽朔

日本人旅行者の辻くんとリサレストランで盛り上がっても、別に翌日の予定などは決めなかった。
今度の旅行は期間が短かったので、とにかくやることがたくさんある。

まず、陽朔から香港への脱出方法として、深圳行きの夜行バスを予約した。
それから、銀行で日本円を中国元に両替する。
残りの日数が少ないと、現地通貨をいくら持っていて、それを使い切るかどうかが問題になる。
でも、海外旅行の基本は「手元の金は多いほどいい」、これだ。

お金というものは、なんとなくずるずると出て行くもの。
少しずつ両替していくと、必ずお金は足りなくなって、また両替を繰り返すことになる。
だから、少し多めに中国元を持っていて、もし余ったら香港で香港ドルに両替すればいいだけだ。

しかし、世界旅行者はもともとセコいので、それがわかっていても、少しずつ両替してしまう。
西街の入り口にある中国銀行で、手許にあった日本円の現金7千円を457.20元に両替した(レートは百円=6.5314元)。

やっと一仕事終えたら、西街で辻くんとばったり再会した。
まあ、観光客がうろつくところは西街しかないので、そこをうろうろしていればまた会っても仕方ないけどね。

何をしているのか聞くと、彼は貸し自転車屋のおばさんに声をかけられて、昼から自転車に乗って名所を見物するという。
その料金は「半日で15元(約230円)」。
これは安いね。

僕は「僕が一緒に行ったら邪魔かな?」と聞く。
昔はサイクリストとしてならしていた僕も、最近は歳のせいか、ビールの飲みすぎか、体力に自信がなくなってきた。

旅先で若い人と無理に自転車に乗って、迷惑をかけるのもいやだからね。
そのあといろいろあって、結局僕も自転車を借りて、辻くんと一緒に「龍村橋」まで行きました。

【写真】龍村橋で自転車と共に撮った1枚。
【旅行哲学】陽朔は自転車で回るのがいいでしょう。

注:自転車で陽朔を回る話はもっとディープに続きます。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061025