世界旅行者が鵜飼いになる@リ(シ離)江河岸にて/陽朔

陽朔の西街を歩いていると、辻くんに会った。
辻くんは僕よりも一日早く深センからの夜行バスで陽朔に到着しただけだ。

しかし、西街のことは僕よりもずっと深く知っている。
その理由は、単に西街は一日歩いていれば、隅々まで歩けるってだけだけどね。

辻くんが「西本さん、突き当たりのり江を見ましたか?」と言う。
僕が昨日ホテルに泊まる前、バックパクを背負って、リ江のそばまでは行ったが、川を覗き込んではいない。
というのは、川沿いには、観光客目当ての露店がずらりと並んでいて、川を見るためには、露店の裏に入らなければならなかったしね。

今日はもちろん、ホテルに荷物は置いてあるので、どこへでもいける。
辻君と灕江に出ると、ちゃんと川岸に降りれるように階段があった。

川沿いに歩けるようにちゃんと歩道ができている。
旅行シーズンだから、中国人観光客もたくさんいる。

陽朔特有の奇妙な形をした山々を背景にして、川を行く船を見るのも楽しい。
足を川の水に濡らして、はしゃいでいる中国人の家族連れも多い。

そこに、もっとすごいものを見つけた。
鵜飼いのおじさんたちだ。

彼らは夜になると鵜飼いのショーをやるのだろう(それとも鵜飼いで魚を取るだけか?)。
しかし昼間は、鵜を天秤棒に乗せて、細い筏の上に座っている。

その前に「2元」と書いた札がある。
中国人観光客が、2元を払って、天秤棒を担いで写真が取れるようになっている。

その天秤棒の両側には、鵜が動かないままじっとしている。
「よく躾けられてるなー!」と感動したが、一応鵜は天秤棒に足がくくられている。
ただ、全く動こうとはしなかったので、躾けられていることは確かだ。

僕は世界の各地で自分の入った写真を撮ってもらうのが大好きだ。
陽朔の?江で鵜と一緒の写真はゼッタイに欲しいよ。

そこでカメラを渡して、辻くんに写真を撮ってもらった。
ただ、辻くんは写真は下手だ。

こういう写真では、僕といっしょに、鵜匠の使う細い筏も一緒に撮らないと興味が半減してしまうんだよなー。
できたら「2元」と書いてある看板も入れたら面白かったのだが…。
この写真で僕がちょっとムッとしているのは、辻くんにいろいろ写真の指示を出していたからなんだ。
念のために、3枚も撮ってもらったんだけれど、3枚とも同じアングルだ…。
彼はまだ19歳だから、まだまだ学ぶことがたくさんある。
でもこういうものは、センスが必要だから、一生無理かもしれない。
彼はいま、アジア横断をしているらしいから、旅先で出会った旅行者は彼に写真を頼むのは控えた方がいいかもしれません(笑)。

【写真】灕江で鵜を背負った世界旅行者
【旅行哲学】一枚のスナップ写真を撮るのも、本当はとても難しい。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061105