日本の輸出品はエッチコミック@ネイザンロード/香港

ネイザンロードで見つけた日本の翻訳コミック
2006年10月、香港の中心、尖沙咀(チムシャツィ)のネイザンロードを風景を観察しながら歩いていた。
すると、街角の新聞雑誌売りのおばさんの横に、コミックがあるのを発見。

日本のコミックに似ているが、表紙は中国語になっている(一部日本語も混ざっている)。
表紙は、エッチっぽい女性。
これで僕は、「日本のエッチコミックを中国語に翻訳して売ってるんだなっ!」と、ピーンと来たね。

さっそく購入する。
このコミックの値段は「HK$35」となっている。

この時期、1香港ドルは15円と考えるので、500円ちょっと。
日本とほとんど同じ値段じゃないかな。

ところで、世界旅行者はただ世界中を旅行するだけではない。
ただ旅行するだけならば、日本の安旅行ライター諸君にもいくらでもできる。

京都大学卒業の世界旅行者は、旅をしているだけじゃないんだよ。
旅を続けながら、その土地の文化、またある土地が他国の文化をどう受け入れるか、を研究している。

このコミックを買ったのも、「日本のエッチコミックがどのように香港で受け入れられているか」という、研究材料なのね。

チョンキンマンションの部屋に戻って、ベッドに寝転ぶ(部屋にはベッドのスペースしかないので)。
このコミックをじっくり読んで、絵を観察すると、わかったことがあった。

それは、このコミック自体は、もともとは、局部などをかなり細かいところまで書き込んである、激しいものだったようだ。

それを、香港の方で消してある。
その消し方が、全体から見ると、ちょっと唐突で強引で、バランスが取れていない。

コミックの会話の言葉はもちろん中国語(漢字)だが、だいたい想像がつく。
擬音語、擬態語は中国語からは想像できないが、日本語を当てはめて読む。

まあエッチコミックのストーリーなんて似たようなものだから、言葉がなくてもストーリーはわかった。

続いて、中国語を読んで、コミックの会話を想像しながら、オナニーしてみた。
その研究の結果、エッチコミックを見ていても、頭を使うと、なかなか気分が乗らないということが、発見できました。

【写真】ネイザンロードで見つけた、日本のコミックを中国語にした「淫辱精選・美人の生贄肉宴」
【旅行哲学】日本のセックス文化は世界のトップだ。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD