「チョンキンロッジ」に泊まる@重慶大厦/香港

【チョンキンマンション入り口(2006)】
僕が重慶大厦(チョンキンマンション,Chungking Mansions)を最後に訪れたのは、1990年のことだった。
参照:重慶マンション(チョンキンマンション、chungking mansions)1990@香港

2006年に香港を訪れた時、もちろん普通のホテルに泊まることもできたし、それが普通だろう。
だって僕は、もう結構な歳なんだからね。

でもそれでは面白くないよ。
世界旅行者としては、絶対に、15年ぶりのチョンキンマンションに泊まらなければね。

ま、こういう考え方ができるところが、僕が「本物の旅をしている」と本格的な海外個人旅行者のみなさんから、高く評価されている理由らしいんだよ(笑)。

ガイドブックを適当にでっち上げて、金を稼ぐだけの、編集プロ所属の安ライター諸君は、中途半端なホテルに泊まって、適当な話をでっち上げているだけなんだから(涙)。
彼らには、一生本当の海外旅行のことは書けない。

とにかく15年ぶりにチョンキンマンションへ行く。
昔と同じく、一階のエレベーターの前にはものすごい人だかりだ。
全く変わっていない。

一応、心積もりとしては、チョンキンマンションでは高めの「重慶招待所(チョンキンハウス)」にでも泊まるつもりだった。
しかしとにかく人が多すぎる。

エレベーターの前の人だかりにちょっと圧倒されていると、ゲストハウスの客引きに声をかけられる。
最初は中国人の太ったおばさん。
これは、「アイハブアリザベーション(予約してるので)」と軽くかわす。
次に、インド人の若者から声をかけられた。
彼が、高そうなゲストハウスに連れて行こうとしたところを見切る。

強引に「安ければいい!」と安いところへ案内させる。
だって、到着が夕方だったので、とにかくベッドさえ確保すればよかっただけなのでね。

【チョンキンロッジ(2006)】
最初は適当なところに泊まって、翌日になってから、あちこちチョンキンマンションを見て回って、気に入ったところを見つければいいだけなんだからさ。

彼と一緒に行こうとすると、さっき声をかけてきた中国人のおばさんが「お前のところはインド人宿だ!日本人には合わない」と叫んだよ。

彼に連れられて行ったのが「CHUNG KING LODGE」だった。
確かに中にいるのはインド人だらけだったけどね。

【チョンキンロッジにて(2006)】
でも僕はインド人に対しての拒否感は全くない。
逆に、インド人は商売をきちんとするという感覚がある。

チョンキンロッジでは、部屋代を払うと、ちゃんとレシートもくれた。
また、(このチョンキンマンションでは普通のことだが)宿の名刺もくれたよ。

チョンキンロッジの名刺
どうせ寝るだけなので一番安い部屋を頼んだら80元、(1元が15円と考えると)つまり1200円程度。
香港はやはり高いね。

例えば、2005年に僕がカオサンの「ランブトリーイン」に泊まった時は、とてもきれいなシャワートイレエアコンテレビ付きの部屋で、400バーツ(1バーツが3円と考えて)1200円だったんだから。

でもまあ、新しい町に着いて、その夜の寝る場所が確保できたら、とにかく一件落着!じゃないかな(笑)。

【写真】チョンキンロッジの部屋の世界旅行者
【旅行哲学】重慶大厦はなかなかいいね。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD