香港国際空港から広州駅へ(2)

世界旅行者は、香港国際空港から、朝一番の広州への豪華直行バスに乗る。
出発予定時刻は午前7時だが、中国人の乗客が1人遅れて、7時10分くらいになる。

そのまますんなりと走って、7時45分には香港の出国審査がある。
出国審査では荷物のチェックはないので、バックパックをバスに残したままだ。

その前に、胸にステッカーを貼られる。
これで同じバスの乗客が見分けられるようだ。

出国審査を済ませて、そのまま進むと、乗ってきたバスが待っている。
胸のステッカーでチェックしているのだろう、呼ばれて、同じバスに乗せられる。

それから、またバスに乗って20分くらい進むと、こんどは中国の入国審査がある。
このときは、荷物を全部持って行かなければならない。

バスの中で書いた検疫の用紙を渡し、入国審査。
その次には、税関になるわけだが、これはバックパックをX線の装置に通すだけだ。

無事に中国に入国して、そのままバックパックを持って進むと、若い女の子たちがたくさんいるところに出る。
彼女たちが、僕のステッカーを見て、別のバスへ導く。

乗客の顔ぶれを見ても、今までのバスの乗客とは違っている。
まあ、とにかく流れに乗っていれば、何とかなるのだろう。

そのまま高速をひた走って、10時20分ころに広州市内の最初の停車がある。
これが、「Jinan University」の停車。

次の停車が、僕が降りるように言われていた中国飯店(China Hotel)だ。
中国飯店に近づくと、ちらっと地下鉄の駅が見える。

中国飯店の裏がバスターミナルになっていた。
そこをさっとすり抜けて、地下鉄に向かう。

手持ちの中国元で広州駅までの料金を2元払う。
この地下鉄の乗り方は、バンコクと一緒でトークンを買って、それを入り口で接触させて通る。
降りたあとは、出札口のマシンにトークンを戻す。

広州鉄道駅に出てみると、1990年と同じく、大勢の人が駅構内や駅前に座り込んでいる。
16年たっても全く変わっていないのか(笑)?

まあそれはともかく、駅の東にある「広州国旅酒店」へ進む。
シングルルームで155元。

部屋(525号室)を見せてもらうと、なかなか広くてきれいで満足。
この部屋に決めて、フロントへ戻る。

すると、「デポジット200元」を要求される。
200元はないので、200香港ドルを預ける。

でもとにかく、中国へ入ったのだから、中国元を入手しなければ食事もできないよね。
しかし、このホテルでは両替はしない、との話。

ではどこで両替できるのかと聞く。
銀行の場所をたずねる。

すると、「今は中国は休みですから、一週間は開いてないのでは?」という驚くべき返事だ。
でもそんなことはありえないよ。

中国有数の大都市、広州で外貨が両替ができないなんて、そんな話があったら大笑いだよ。
と思ったが、本当に大笑いになるとは、思いも寄らなかったね(涙)。

【写真】両替所もない広州駅
【旅行哲学】旅で一番大切なことは、現地通貨を持っていること。持ってないとホントに悲惨だ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061028