香港国際空港から広州駅へ(1)

僕はもちろん、香港から広州へ行ったことがある。
それは僕の一回目の「2年8か月連続の世界一周旅行」の終盤、1990年春のことだった。

その時僕は、香港から広州へ鉄道で行って、また香港へは夜行のフェリーで戻ってきた

なにか変わったことをしたいといつも思っている世界旅行者が、今回、いくら16年たっていても、香港から広州へ行くのに、同じ交通機関を使うわけにはいかない。
当然「鉄道も船にも乗ったから、次はバスで攻めたい」と思うわけだ。

(快速の直行があるらしいが)鉄道にも乗らず、(広州への夜のフェリーはなくなったらしいし)船も使わない。
すると、自然と「バスで行く」ことになる。

どこからどこへのバスで行くのか、それをさらに考える。
その時、日本の海外旅行掲示板での質問が思い浮かぶ。

ある人が海外旅行の掲示板で【香港国際空港から広州への直行バス】について質問していた。
僕はそれに対して、インターネットで香港国際空港のサイトを調べて、「午後11時までは香港国際空港から広州へのバスがある」と回答した。

ただもちろん、これが正しいかどうかわからない。
バスの実際の運行はいろんな事情によって変化するものだし、その変更をインターネットのサイトに反映させているかどうか、それはわからないからだ。

常に神に導かれている世界旅行者としては、たまたまそういう質問が出て、うっかり(?!)僕が答えてしまったという意味を考える。
これは「空港からのバスで広州へ行け」というお告げ以外には考えられない。

そこで、とにかく、早朝のA−21のエアポートバスで空港へと行く。
これは、実は、香港から成田への帰国便に乗り遅れないための練習でもあるけどね。
------------------------------------------------------------------------
《港龍(ドラゴン)航空のリコンファームについて》
ところで、僕が香港へ行く時に使ったのが港龍(ドラゴン)航空だった。
行きがドラゴン航空、KA363便(成田14時30分発、香港18時10分着)。
帰りがKA360便(香港9時5分発、成田14時35分着)だ。
香港行きの便の出発時間、到着時間は理想的だ。
というのは、成田から香港行きは、米系の航空会社の場合は、成田からのおまけ便なので、香港到着が午後10時程度と非常に遅くなるんだ。
だから、ドラゴン航空はよかったんだが、問題は帰りの便だ。
帰りは香港を午前9時5分。
午前9時という意味は、チェックインは午前7時。
ということは、香港のチョンキンマンションを出るのが午前6時。
チョンキンマンションで起きるのが、午前5時。
これはなかなか大変だから、行き方を確認しておくのが大切。
それと、「ドラゴン航空にリコンファーム(予約の再確認)が必要か?」という問題があった。
成田でのチェックインの時に聞いたら、「リコンファームの必要はありません!」とのきっぱりした返事。
だいたいこの切符は、帰国便変更不可のいわゆる「フィックスチケット」だ。
また、旅行代理店からの書類にも「予約の再確認をしてください」にチェックが入ってない(つまり予約の再確認は不要ってことね)。
ただ、万々が一乗れなかったら、大変なことになる。
それに、僕は自分のサイトで、飛行機旅行のポイントとしてリコンファームを勧めている。
参考:リコンファームが必要ないといわれても、リコンファームをするのが旅行のコツです。
としたら、自分の主張していることは、自分で実行しなければならないよね。
なにしろ、世界旅行者みどりのくつしたの書くことは、まず99パーセントは自分の体験談なんだから。
残りの1パーセントは、冗談だけど。
冗談を読んで怒る人がいるのが困るよ(笑)。
ところでもちろん、予約の再確認は電話一本で済む。
ぼくがわざわざ空港のカウンターへ行って予約の再確認をした理由があるんだ。

それはだね、僕はいままで何度も、電話一本で予約の再確認をしてきた。
ただ、よく聞く「空港のカウンターで予約の再確認をした」という体験がまだなかったんだ。

それで、わざわざカウンターでリコンファームをしに行った。
これが、世界旅行者みどりのくつしたが、聞き書きと想像で本を書く、一般ライター諸君と大きく違うところなんだよ(笑)。
というわけで、僕はドラゴン航空のカウンターへ行って、予約の再確認をした。
ここで、泊まっているホテルと電話番号を聞かれるが、もちろん、次にチョンキンマンションのどの安宿に泊まるかなんか、わからない。
でも、チョンキンロッジの電話番号を教えておいた。
この手続きは、ただの規則どおりなので、わざわざ「出発前はどこのホテルに泊まるかどうか決めてないので、電話番号はわかりません」などと馬鹿正直な答えをしてはいけない。
これはただの、儀式なんだから、互いに書類さえ埋まればいいだけなんだからさ。
(まあ、将来的にみんなが世界中で使えるケータイを手にすれば、ケータイの番号を告げることになるだろうけどね)
というわけで、無事ドラゴン航空の帰国便のリコンファメーションが出来たわけだ。
-------------------------------------------------------------------
リコンファームを済ませて、到着ロビーのカウンターをチェックすると、あっさり広州行きのバスが見つかる。
カウンターの女性が説明してくれる。

バス料金は250香港ドル。
結構高いね。

「このバスは、広州へ3時間かかります。広州では2番目の中国大酒店で降りてください」という。
僕は広州駅付近の宿に泊まるつもり。
「中国大酒店から広州駅へはどう行くの?」と聞くと、「タクシーで10元!」というスパッとした返事。

しかし、タクシーに乗るには中国元が必要だよ。
「どこで中国元に替えられるの?」と聞く。

あそこで替えろと指差す先には、もちろん香港国際空港の両替所があった。
ところで、香港空港の両替所はレートが良くない、という噂を聞いている。

僕の今までの中国旅行の経験では、中国本土に入ってしまえば、中国銀行で普通に両替できるはずだ。
だから、あまり両替したくない。

手許にあった200香港ドルを両替する。
これで、広州駅近くのホテルに入るまでは何とかなるだろう。

窓口では、「レートは100香港ドルが96元ですがいいですか?」といやに丁寧だ。
もちろん他にやりようがないわけで、200香港ドルは192元に変わった。

その192元を財布に入れて、朝一番のバスで、世界旅行者は広州への直行バスに乗る。
これが大きなトラブルを孕んでいることも知らずに…(笑)。

【写真】香港国際空港でもらった「バスの時刻表」
【旅行哲学】世界中を旅行した世界旅行者も、これからあとに起こることは全く予想してなかったよ(涙)。

注:ところで、時刻表によると、香港から広州への直行バスの最終は午後10時でした。しかし、別の会社が午後11時のバスを運行しているのかもしれない。でもそんなことは、自分で行けばわかるだけの話だ。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20061027