中国銀行は外国人に意地悪して楽しむ(両替のためのパスポートのコピーを自分で取らされる)@陽朔/中国

【陽朔の西街の入り口にある中国銀行/人が並んでいるのはATM】
短期の旅行では「いくら両替をするか」というのが大きな問題だ。
金持ちならば、持ってる金は使おうと思えばいくらでも使えるもの。
ドカッと大きく両替して、それを全部使い尽くせばいいだけだ。
ところが、僕はなぜか貧乏だ。
しかも、今度の旅行はたった10日程度。
それから、多分、僕は中国がそれほど好きではない。
差し迫った、次の中国旅行の予定もない(また、予定を持つ気もない)。
だから、できるだけ中国元を持ちたくない、という気分がある。
桂林空港の中国銀行で1000香港ドルをスパッと中国元に両替した(1005元になった)。
しかし、その大金も、あっという間に飛んでいく。
今は中国のゴールデンウィークというわけで、桂林のユースホステルも宿泊費を倍に上げたらしい。
なんとユースの一泊(ツインルームだがテレビも映らない)に240元(3600円)というとんでもない金を使ってしまった。

でも、ユースのすぐ隣の「シェラトン桂林ホテル (SHERATON GUILIN HOTEL)」 に泊まったとしたら、定価で1泊3千元(4万5千円)。
ホテル予約サイトでも1800元(2万7千円)もするというのだから、場所的には許せるかな。

まあ、一般的にはバックパッカー以外の日本人観光客は、桂林のパックツアーに参加するだろう。
そういう場合は、シェラトン桂林にも、もっとずっと安く泊まっているだろうけれどさ。

桂林から陽朔に移動して、陽朔の僕の宿「●魚鳥酒店(King Fisher Hotel)」に3泊分の450元を払うと、とたんに懐が寒くなる。
こういうときには、まともな大人ならば、ズバッと一万円を両替してしまえばいいだけ。
世界旅行者はセコイので、いろいろと悩んで、財布の中の日本円の一万円札を除いて、7千円を両替すると決める。
両替をしに、陽朔の西街の入り口近くにある中国銀行へ行く。
中国銀行の窓口は2つあるが、この日は(それともいつもそうなのか)、窓口は一つしかあいてなかった。
その窓口の前に、外国人旅行者の長い列がある。

この両替の長い列は、一向に進まない。
諦めて、途中で列を離れる、決断力のある外国人旅行者も多い。

世界旅行者は「両替で待たされることも一つのネタ」と考えている。
「どうせ暇なのだから、うんと待たせてもらいましょうかね(笑)♪」という余裕がある。

ゆったりと待っていると、やっと世界旅行者の番が来た。
日本円の7千円を見せる。

すると、「パスポートのコピーを出してください」と言うんだ。
おいおい、確かに、桂林の空港の中国銀行でも、両替する時に窓口の中で、パスポートのコピーをしたのを見たよ。

でもそれは、銀行の内部の手続きの問題。
「両替しようとするお客が自分からコピーをしなければならない」というのとは、大きく違うだろうが!

でももちろん、中国は社会主義国で、公務員の言うことはゼッタイだ。
また、日本という国は資本主義国なのに、公務員が絶対的にエライ。

つまり、どんな変なことを言われても、公務員の指示に従うのが正しい。
他の欧米人旅行者は中国銀行の窓口で言い争いをしたりしていた。

が、世界旅行者は、公務員がゼッタイに正しいという東洋的な諦観を身に付けている。
素直に窓口を離れて、陽朔の西街でコピーができるところを探しに飛び出す。

すると、若い中国人の女の子が、英語で声をかけてくる。
僕は「パスポートのコピーがほしいんだ!」と、英語で返事をする。

するとこの若い女の子は、あっちだこっちだ、あっちでもないこっちでもないと、僕を連れまわす。
僕はもちろんコピーをしたいのだが、女の子に連れまわされるのも、結構楽しんでいた。

この女の子は、実は、陽朔の自転車ツアーのガイドさんだったんだけどね。
いろんなところを走り回って、最終的には小さな店を見つけて、そこでコピーしてもらった。

一枚が5角(一元の半分なので、8円くらい)というのは、コピー料金は日本と同じくらいだね。
(次の両替のことも考えて)パスポートのコピーを2枚とる。

中国銀行へ戻って、7000円を両替して、457.20元を手にする(レートは百円=6.5314/1元=15.31円)。
ちなみに、陽朔の西街の中国銀行には、ATMもあって、欧米人は結構使ってました(写真参照)。

ところで次に銀行へ行ったら、窓口には「コピー料金5角をいただきます」と書いた紙があった。
ということはだよ、本当は銀行でコピーするのだろう。
それが僕が行った日は、コピーが故障したか何かして、それで外でコピーしてくるように指示したんだと推測している。
ところで、上の写真を見れば、中国銀行の店頭にATMがあるのがわかるだろう。
このATMでカードを使ってお金を引き出す欧米人もいた。
しかし僕は、海外のATMで、カードを使ってお金を引き出すのは避けている。
それは、常に、スキミング(カードの情報を盗まれる)の恐れがあるから。
参照: カード一枚で海外旅行をするのは自殺行為
【写真】陽朔の西街の中国銀行
【旅行哲学】両替するのに、自分でパスポートのコピーをしろと言われたのは、ここがはじめて。