食は広州にあり@KFC/広州駅前

【広州のケンタッキーフライドチキン】
中華料理の問題点は、1人で食べてもあんまり意味がないってこと。
世界中どこにでもある、焼きそばや焼き飯程度ならば、(それを中華料理というかどうかは別にして)もちろん1人で食べられる。

でも本来の中華料理は、いろんなお皿を取って、まあ、最低4人くらいで食べるものではないか。
飲茶にしても、1人では種類を食べられないしね。

さて、世界旅行者は広州へやってきた。
「食は広州にあり」と言われているので、広州の中華料理はおいしいのだろう。

ただ僕の記憶ではそうではない。
1990年に世界一周の終わりかけに、広州の旧租界、沙面(Shamian Island)に泊まった。
そこで、歩き回って適当な(メチャ高くも、ひどく安くもない)レストランに入ったんだけれど、あんまりおいしくなかったんだ。
正直言うと、かなりまずかった。
僕は基本的に、美食家ではない。
たいていのものは、おいしくいただくという、特質がある。

2006年に香港からのバスで、広州へ入った。
一人旅で、特に食べ物にこだわりたくない。

でも確実に、おいしいものを食べて、お酒も飲みたい。
僕が泊まっていた「広州国旅酒店」にもレストランがあるようだが、どんなものかわからない。
もちろん、1人でレストランで中華料理を食べたら、あんまりおいしくないと決まっている。
ところがこの「広州国旅酒店」の隣には、ケンタッキーフライドチキン(肯徳基)があったんだよ(笑)♪
ケンタッキーフライドチキンならば、味は確実。
チキンはケンタッキーに限らず、世界中どこへ行って食べても、ハズレはない。
僕は世界中を旅してきて、チキンで外れたことがないからね。
これにお酒があれば最高だが、「広州国旅酒店」の一階のバーでは、ワインやビールを売っていた。

普通はワインを飲むのだが、このときは(なぜか)町中を走り回っていたせいか、喉が渇いていた。
ビール(青島ビールで5元)を二本買う。
これと、ケンタッキーで4ピース(1ピース7.5元)買って、ホテルの部屋で食べた。
夜にはホテルのレストランでラーメンでも食べようと思っていたが、そのまま幸せにコロッと寝てしまいました。

ところで、中国ではケンタッキーのチキン1ピースが7.5元でした。
これは、1元が15円と考えると、110円程度。
日本だと値段がこの倍はするので、中国で食べるのはオトクです。
まあ、旅に出て、ケンタがあれば、一安心ってことね。

【写真】広州駅の東にあるケンタッキーフライドチキン(肯徳基)
【旅行哲学】世界中どこでも、ケンタッキーフライドチキン(肯徳基)があれば、おいしく食べられる。