重慶大厦(チョンキンマンション)1階で

【重慶大厦1階にて(2006)】
香港が中国に返還されて、香港の観光地としての意味がなくなってしまった。
昔は、香港に買い物に行く人も多かったが、現在はそういう人もいないだろう。

僕が香港へ行ったのは、たまたまJTBからのメールで安い切符があると知ったこと。
また、ちょっと気にかかっていた、桂林、陽朔へ旅をするのにいい機会だと考えたからだ。

これは、僕の「世界旅行者・海外説教旅(上海〜バンコク)」の中にも書いてある。

つまり、香港はただ桂林、陽朔への基点だったんだ。
それにしても、香港の宿は馬鹿高い。

【チョンキンマンションの入り口(2006)】
普通の日本人バックパッカーならば、一泊2千円なんて、耐えられないんじゃないかな。
そこで、ここにも日本人宿がある。

それが、「ラッキーゲストハウス」と「ゴダイゴゲストハウス」というところらしい。
そこには世界各地の日本人宿と同じく、日本人旅行者が固まっているようだ。

でもね、ラッキーゲストハウスの汚いベッドでも、一泊70ドルだ。
1ドルが15円と考えると、約千円もすることになる。

これがバンコクだと、3百円程度で泊まれるところもあるし、食事もおいしくて安いから、絶対にバンコクの方がいい。
だから、わざわざ、物価の高い、見るところもない、滞在する意味のない香港に、長期滞在すること自体が、大間違いだと思う(笑)。

でも、バックパッカーならば、普通はチョンキンマンションに泊まるだろう。
さてそのチョンキンマンションだが、全く恐れることはない。
場所も町のど真ん中で、最高だ。
チョンキンマンションのゲストハウスは、競争が激しいので、値段や設備は、それほど違いはしない。

【チョンキンマンションのエレベーター上の看板(2006)】
ずばり書くと、(2006年秋の段階で)重慶大厦では、トイレシャワーつき、テレビ付き、電話つき、クーラーつきのシングルルームなら140ドル(2千円ちょっと)程度だ。
このレベルだと部屋が狭いが、200ドル(3千円)出せば、そんなに狭くもない、なかなか快適な部屋に泊まれるよ。

チョンキンマンションの1階(2階も)には、両替所がずらっと並んでいる。
そこで、レートを比較、確認して、両替するにはとても便利だ。

香港では、中途半端なところで両替すると、大損するからね(笑)。
ま、いろいろ気が付いたことがあるけど、それはまた別に書くことにしますね。

【写真】チョンキンマンションの1階で
【旅行哲学】香港への切符が安くても、宿泊代が大変なので、普通の人は行かない方がいいよ。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD