Tourist Railway Booking Office@Kolkata(Culcutta)/India

【「Eastern Railway Tourist Booking Office」へ歩く日本人旅行者諸君の後姿】
コルカタのサダルストリートへ来て、宿を「シルトンホテル(SHILTON HOTEL)」に決めた。
宿を決めて、サダル付近をうろうろ見て歩いたが、何にも面白いものはない。

歩いていると、僕がサダルへ来て宿を決めるときに、あちこち紹介してくれた「プラカシ(PRAKASHISNH)」さんと、よく会う。
彼も言ってたが、結局、サダルストリートには、何にもないんだよ(涙)。

時間はあるし、バンコクへの切符は帰国日の変更ができる。
これからインドでどこか行くとしたら、ダージリンになるだろうか?

ただもう僕は、インドに疲れている。
インドというよりは、僕はとにかく人が多いのがイヤなんだよ。

路上のチャーイ屋でボーッとしていると、日本人の女の子が1人、男2人を引き連れて歩いているのを見つける。
何か面白そうだと、話しかけてみる。

すると、彼らはこれからバーナラシーへの夜行寝台列車の切符を買いに行くのだと。
僕はすぐに彼らと一緒に行くことにする。

というのは、僕自身はバーナラシーへ行くつもりはないが、切符を買う経験は話のネタになるからね。
それに、町を歩く理由になる。

一緒に地下鉄「ESPLANADE」の交差点付近で、バスに乗る。
この料金が4ルピー。

【コルカタの市内バス】
これで、中央郵便局付近まで行けば、あとは歩くだけ。
僕が「Lonely Planet」の地図を見ながら、みんなに指示を与える。

僕は、ハウラー駅からサダルストリートまで歩いてくる途中に、鉄道の予約オフィスを通り過ぎていた。
それで場所を記憶していた。

みんなをその建物へと案内した。
ところが、確かに鉄道予約オフィスだったが、どうやらインド人向けだったようだ。

別のところへ行けと指示される。
そこで、「Lonely Planet」の地図を見て、Fairlie Placeの「Tourist Railway Booking Office」へ行った。

オフィスはガラガラで、中はソファもありの、ゆったりした雰囲気だ。
鉄道切符の申込書に若者たちが書き込むのに、ちょっとアドバイスする。

僕は今まで、インド鉄道の寝台車は「3A」に乗ってきた。
ただ、普通のバックパッカーは「3-Tier Sleeper Class(SL)」を使うもので、彼らはその予約を取る。
旅行者の大部分は、コルカタからデリーへのゴールデンルートにしたがって、まずバーラナシーへと向かう。
この列車は、「3027 Varanasi Howrah Vibhuti Express」で、夜の8時に出て翌朝10時50分にバーラナシー着だ。
女の子が買うのは、当日夜8時の列車。
男の子は翌日だったが、みんな簡単に、その場で席(ベッド)が確保できた。

女の子の切符を見せてもらうと、SLの一段目で、コルカタからバーナラシーまで295ルピー。
女の子は、フランス人と一緒に旅をする予定だった。

切符を見て、フランス人の隣の席が取れたと喜んでいた。
フランス人は、前日に切符を買ったそうだ。
フランス人のバックパッカーの隣に、一日後に切符を買った日本人が席を取った。
外国人の席は、はある程度まとめているってことだろうね。

そうかどうかはともかく、当日夜の寝台車の切符も簡単に買えることが確認できたので、僕はうれしかった。
さてこれから、フーグリー河をボートで渡って、ハウラー駅まで行ってみようかな。

僕はハウラーブリッジを歩いて渡っていた時に、ボートを見たときから、絶対に乗るって決めてたんだ。
そして、若者たちを言いくるめるのは簡単。

彼らはコルカタへ来たばかりで、あの巨大なハウラー駅を見たことがない。
「列車に間違いなく乗るためにも、ハウラー駅を見ておいたほうがいいよ」と僕は誘った。

【写真】外国人用切符予約オフィスへ向かう日本人旅行者諸君
上海〜バンコク旅行記 タイ、インド、カンボジア旅行 アジア横断旅行
アジア インド 西インド旅行 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx