ポイペト国境で、自分でシェムリアップへの交通手段を選ぶこと自体が危険だと思う@ポイペト/カンボジア

【タイからカンボジアへ国境を進む/奥に見える白いビルがカジノです】
前回世界旅行者は、彼が陸路国境越えのエキスパートであることを謙虚に語った。
その膨大な陸路国境を越えた経験で、このポイペト国境を考えてみたい。

なぜこのポイペト国境が問題なのか?
それは、人と物の動きが多すぎるし、激しすぎるってことなのね。

普通の陸路国境というものは、案外と人の行き来は少ない。
または、国境を越える人のタイプが決まっている。

物資が行き来している国境はもちろん多いが、それは大型トラックなどでシステマティックに動いている。
人の動きにしても、国境で乗り換えることはあるにしても、だいたいは乗り換え自体はスムーズだ。
だって、毎日のことで、人数もだいたいは決まっているものだからね。
つまり、旅行者が1人で国境に来ても、どうすればいいのか考えなくても、スムーズに移動できるようになっているものなのだよ。

例えば、タイのノンカーイから友好橋を渡ってラオスへ入国する時も、ノンカーイから国境越えのマイクロバスがある。
国境を越えたところには、駐車場に各種乗り物が待っている。

その料金表まで大きな看板になっていて、スムーズに首都のビエンチャンまで移動できるようになっている。
これは僕の第2弾『これが正しい海外個人旅行』に詳しく書いてある。

また、ベトナムのホーチミンシティからカンボジアのプノンペンへの移動も、シンカフェのバスに乗って国境へ行けばいい。
自分で出国入国手続きをすれば、カンボジア側のわかりやすい所にキャピタルホテルのバスがちゃんと停車している。

中国の河口からベトナムのラオカイへ越える国境も、整然としていた。
僕たちはバス乗り場まで歩いていって、それからサパへのバスを自分たちで捜して乗ればよかった。

僕の経験した世界の他の国境越えでも、アジアでも、アフリカでも、中米、南米でも、もちろんヨーロッパでも、何も特別に考える必要もない。
ただ流れに乗っていれば、すんなりと国境を越えて目的地への交通手段が見つかるものなのだ。

ところがポイペト国境はそうではない。
今まで書いたように、国境越えの手続きはとても簡単なので、1人で国境を越えるのは全く問題がない。
だが、そこからの交通手段が見つけにくいんだよ。
国境を越えたところに、なんのきちんとしたバス乗り場もタクシー乗り場もない。
その案内板もない。
もちろん観光案内所も存在しない。

国境を越えたロータリーには、バイタクや、荷台を横につけたバイク(これもトゥクトゥクと呼べるのか?)が客待ちをしている。
このトゥクトゥクや何かに乗って、別のタクシー乗り場やバス乗り場やピックアップ乗り場へ行くことになる。

でも、国境のトゥクトゥクやバイタクが、個人の旅行者を本当にちゃんとしたところへ連れて行くのだろうか??
これが非常に疑わしいんだ。

例えば目の前のロータリーに停まっているトゥクトゥクに乗って、「タクシー乗り場へ!」と言うのは簡単。
しかし、そのトゥクトゥクに怪しげなところへ連れて行かれたら、それで終わりだ。

また、強盗強姦専門タクシーに乗せられてしまったどうなるだろう。
乗るのはいいが、途中で運転手や他の乗客が、強盗、強姦犯に変身することだろうさ。

もちろんトゥクトゥクがちゃんとしたピックアップ乗り場、バス乗り場、タクシー乗り場へ連れて行ってくれることもあるだろう。
少々ぼったくられて無事に目的地へ行く可能性も大きい。

全部が強盗なんてことはないだろうし、それならば何らかの手が打たれるだろうからね。
逆に、たまたまうまく行ったからといって、次はうまく行くとは限らないんだ。

実際、この国境を何度も通った経験のある、旅慣れたNGOの女性が乗り合いタクシーに乗ったら、強盗にあって、タクシーから飛び降りて大怪我を負ったという話がある。
これは、日本国外務省のサイトに紹介してあったのを僕は知っている。

また、2005年にシェムリアップのタケオで出会った若者は、国境からタクシーに乗って、見事にぼったくられた経験を話してくれた。
彼の話はこうだ。

ポイペト国境で、日本人3人フランス人2人で、トゥクトゥウに連れられて、一緒に「ピックアップ乗り場」へ行った。
ところが、わけのわからないところで、ピックアップが来ても満員。
そこから国境へ戻ることもできない。
タクシーに無理に乗せられて、1人25ドルも取られた。
タクシーはぶっ飛ばしたが、その後、深夜、橋が落ちていたのでタクシーが通れないと言われた。
結局、歩いて川を渡って、向こう側にいたタクシーに、さらに1人40ドルぼったくられて、
シェムリアップへ到着したのは翌日になった。
つまり、タクシーを乗り継いで、1人当たり65ドルも払った。

【国境で客を待つバイタクの皆さん】
僕はまた、タケオで会った、カンボジア在住15年という人に話を聞いてみた。
彼の話では、「カンボジア語がしゃべれて、カンボジアに慣れていて、国境がよくわかってないと、タクシーは危険だ」とのこと。

その人の話では、「日本女性が乗り合いタクシーで強姦されて、全部盗られて、裸で道端に放り出された事件が2005年だけで3件あった」そうだ。

もちろん、旅先の話は基本的に信じてはいけないもの。
でも、僕の膨大な国境越えの経験からの感覚と、彼らの話がピッタリと符合するんだよ。

その上に、日本人は強盗にあっても強姦されても、ほとんどは届けないだろう。
日本人が金を持っていて、強盗強姦されても黙っていることは、カンボジア中に知れ渡っている。

だったら、強盗強姦しない方がおかしいよ。
僕がカンボジアのタクシードライバーなら、気の弱そうな日本人を見つけたら、絶対に強盗強姦犯のところへ連れて行って、金をもらうね。

だいたい、ポイペト国境は密輸があるに違いないし、カジノまである。
もちろん売春もある。

こういうところはヤクザが仕切っているに決まっている。
そのヤクザは軍かもしれないし、警察かもしれない。
軍や警察とヤクザが結託しているのかもしれない。
タクシー運転手なんか、そういう組織と繋がりがあれば、何をやっても逮捕されることはない。
日本人相手の強盗や泥棒、強姦なんか、いくら申し立てても相手にされるはずがないよ。
まあ、被害者が日本大使の娘とでもいうなら別だけどね。
一般の日本人が何をやられても泣き寝入りになるに決まってる。
そんなところで、わざわざ危険を冒して個人で行動して自慢しても、僕のような本格的な旅行者からは、笑われるだけだ。
これは、例えて言うならば、わざわざ個人でアフガニスタンやイラクへ行って自慢する旅行者が、世間知らずのただの馬鹿だというのと一緒だよ。
あとで聞いたところでは、タクシー乗り場は国境から3kmくらい離れたところにあるらしい。
でも、国境でトゥクトゥクに乗って、タクシー乗り場へ行くつもりでも、途中で、別のところへ連れていかれることはある。
結局、ボッタクリタクシーに乗せられる恐れがある。

誰かこの国境を本当によく知っていて、カンボジア語ペラペラの人と一緒ならば何とかなるかもしれない。
が、普通の旅行者が、詳しい地理を知らないのに、簡単にトゥクトゥクに乗ったら命取りだ。

僕はその危険さを感じたので、「このままチームイエローで固まって、一緒にバスでシェムリアップへ行こう!」と決めた。
でも、チームイエローをマイクロバス乗り場へ移動させるのも、時間がかかった。
だって、トゥクトゥク一台を使って、2人ずつ運んでるんだから。
「これも、シェムリアップへ深夜到着するため、時間を潰す仕掛けだな」と僕は思った。
が、それはそれでいいさ。
だって、僕の横には日本人の色白美女がいるし、欧米人の若者連中とも適当に冗談を言い合っているんだから。

彼らと一緒にいれば、とにかくシェムリアップへ行けるだろうことだけは間違いないからね。
それが夜の何時になるのか、翌朝になるのか、それはわからないにしてもね(笑)。

【写真】国境でカモ(馬鹿な日本人旅行者)を待っているトゥクトゥクの運転手諸君。
上海〜バンコク旅行記 タイ、インド、カンボジア旅行 アジア横断旅行
アジア インド 西インド旅行 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx