チェンラの2階のベランダで、アサヒスーパードライを飲みながら、旅行哲学する

【チェンラの2階のベランダで】
世界旅行者(実は、僕があの有名な「世界旅行者みどりのくつした」なんですけどね)は、旅をするだけではない。
旅をするだけならば、頭のボケかけた金持ちの定年退職者は、いくらでもできる。

世界旅行者がすごいのは、そこを「旅行哲学」するところなんだよなー。
この旅行哲学が、世界旅行者が、退屈極まりない自称「旅行通(大嘘つき)」諸君から、嫌われて、誹謗中傷を受けている原因なんだけどね(笑)。

チェンラの2階のベランダ(ここにはなぜか、トレーニング用のバーベルが置いてあったりする)のテーブルに座る。
ナッツをつまみに、アサヒスーパードライ(45セント)を飲みながら、文庫本を読んで、軽く旅行哲学してみる。

タイの国境で知り合った日本の女の子に、僕は注意した。
「シェムリアップのバイタク運転手は日本の女の子を口説くのが上手だし、レイプも多いから注意した方がいいよ」ってね。

もちろんこんなありふれた情報は、女の子も十分に知っていた。
「大丈夫ですよ♪」と、元気よく答えたものだ。

僕は、旅先で知り合った女性に対して、少なくとも僕が一緒にいる間は守らなければならない、という責任感がある。
だから、午前一時にシェムリアップに到着して、怪しげなホテルに泊まることを決めた後、女の子と約束した。
「明朝、(彼女が泊まると決めていた)ヤマトゲストハウスまで連れて行ってあげるよ」と。
ところがこの女の子は、僕と別れて一度部屋に戻った後、また部屋を出ていった。
そのあと、午前5時くらいまで、ホテルのスタッフ(バイタク運転手も含む)連中と話をしていたらしい。
エッチはなかったみたいだ。
でも、真夜中に若い女の子が1人で、初めて会ったばかりのカンボジアのバイタク運転手連中と盛り上がっていた。
としたら、そこで強姦があっても文句は言えない。

結局は、エッチされてもいいという気持ちが、心の片隅にあったんだろうね。
と、世界旅行者は、ビールをまた一口飲む。

別の日本女性も、夜中にチェンラのレストランにいたとき、日本語ペラペラのホテルスタッフらしき男(バイタク運転手?)から誘われた。
「カンボジア鍋を食べに行かないか?」と言われたのだとか。

だいたい誘われる以前に、若い女性が夜中に、物欲しげに、1人でチェンラのレストランにいること自体が、僕は問題だと思う。
彼女は他の日本人旅行者を誘って一緒に行った。
そのレストランは個室になっていて、薄暗く、いかにも女の子を口説くような場所だったとのこと。
僕が感じたのは、「欧米人の女がカンボジアの男に誘われて、一緒に飯を食いに行くかー!」という腹立たしさだったね(涙)。
さらに追求すると、「飯代は日本人が全部払った」というのだから情けない。
女が男に誘われるのだったら、男に払わせろよ!
女が男に払うのならば、エッチを期待していると思われて当然じゃないか。
このことを考えても、日本の女の子は、いろいろ言いながら、シェムリアップでカンボジア人とのエッチを期待していると思われても、反論できないよ。

カンボジアに限らず、バリ島でも、イスタンブールでも、(パキスタンの)フンザでも、インドでも、イタリアでも、世界のどこでも同じことがある。
「日本女性は海外でエッチをしたいと思いながら旅をしている」と、世界中で知れ渡っているんだ。

哀しいことだね。

世界旅行者は、日本女性が海外でエッチをすること自体を哀しがっているわけではない。
セックスはキモチイイことだから、特に若いときは、どんどんしたらいい。

僕が問題に思うのは、日本女性がエッチをしながら金ももらえず、金を払っていること。
それによって日本女性の価値を下げていることを嘆いているわけだ。

自分に自信のある人間は、安売りをしてはダメなんだよなー(笑)。

【写真】チェンラの2階のベランダから向かいのお寺を望む。
上海〜バンコク旅行記 タイ、インド、カンボジア旅行 アジア横断旅行
アジア インド 西インド旅行 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx