ブバネシュワール駅で必死でトイレを探して、リキシャーとバスでプリーへ@オリッサ州/インド

【プリーのビーチ@オリッサ州/インド(2005)】
2005年10月24日、ハイデラバード(Hyderabad)発の「7046 East Coast Express」がブバネシュワール駅に着いた。
午前4時15分到着の予定が、実際は午前6時18分になる。

これはある意味当然のこと。
インドの列車は案外と乗客の便利なような時間に目的地へ到着するものなのだ。

時刻表どおりの午前4時15分にブバネシュワールに着いても、ただ時間を持て余すだけ。
だから、午前6時過ぎに着いて、みんなが幸せ。
それならば最初から時刻表を午前6時過ぎにすればいいと思う。
でもそれは出来ない。

僕の勘では、ここにはインドのカースト制度が影響している。
「インドのエリートが思いつきで時刻表を作り、実際は庶民が便利なような時間に運行する」という二重構造があるのだろう。

でも僕は、社会学者ではなく、ただのありふれた世界旅行者だ。
それを追求することはしないが、まず、僕の他の体験からも間違いない。

つまり、インドの列車は無意味に遅れているのではない。
インドの列車は、民衆が使いやすい時間に走っているんだ。

ただ、インドのエリート階級が、その現実とはズレた時刻表を作っているってだけなんだよ。
と僕は、夜が明けた時間に、ブバネシュワール駅に降り立って、思った。

さて、人が朝することはなんだろう。
普通の人間ならば、まず歯を磨いて、顔を洗い、トイレに行く。

それが、まともな人間の朝の始まりの儀式。
ところで、ハイデラバード発の7046列車がブバネシュワールへ着いて、僕がホームへ降り立ったのは、朝の6時半くらい。

このときは、すでにインドを1か月ほど旅をしていたので、僕の身体はインド時間に慣れ親しんでいる。
つまり、体調的には日本の午前6時半と同じ。

日本の午前6時半ならば、僕はまずトイレに行くね。
そこで、ブバネシュワール駅のトイレを探した。

トイレは見つかったが、問題は、トイレの前にものすごい列が出来ていること(汗)。
かなりトイレに行きたかったので、僕は一等の待合室を探した。

インドでは一等待合室が別に設けられていて、一等の乗客だけが利用できるようになっている。
僕は一等の切符を持っていないが、外国人旅行者だと、堂々と入っていけば、スンナリと利用できることもあるわけだ。

しかし、一等待合室が見つからなかった。
「2等待合室(2nd Class Waiting Room)」の奥には、大小の便器の他に、シャワールームもある。

結局、他ではトイレが見つからず、僕は2等待合室のトイレの列に並んだ。
最後は本当にモレれそうな状況で、トイレにたどり着いたよ(涙)。
トイレの個室に入って、ジーンズを降ろし、パンツを脱ぐのと、ウンコが出るのはほとんど同時だった。
ただ、ウンコはギリギリパンツには着かなかったけどね♪
これは神の恩寵だね。
神に感謝しながら、ウンコを出して、ホッとする。
トイレを済ませたあと、ホームにある水道で、歯を磨き、顔を洗った。
これで、朝の儀式は一通り終了!

次に考えることは、ブバネシュワールからプリーまでの移動だ。
目的地のプリーへは、ブバネシュワールからの鉄道で行けるはず。

駅員に聞くと、「午前9時15分にプリー(PURI)行きの列車が4番ホームから出る」と、嬉しそうに教えてくれた。
ただ、まだ午前7時だよ。

あと2時間も駅で時間を潰すのもどうだろうか?
列車の切符の値段は駅を出て、右へ入ったところにある「Reservation Office」でわかる。

予約窓口へ行こうと駅を出ると、リキシャーマンが声をかけてくる。
プリー行きのバスターミナルまで、40ルピーだそうだ。

「Lonely Planet India」でも、確かに「ブバネシュワールからプリーへはバスが便利」とある。
次のリキシャーマンは、30ルピーと声をかけてくる。

立ち止まって、「Lonely Planet」を読んでみる。
「ブバネシュワールからプリーへのバスは10分おきに出ていて、料金は16ルピー。1時間15分で到着する」とある。

ということは、駅で列車を待っている間に、バスならプリーに到着してしまうってことだよ。
そのとき僕が出会ったのが、特に身体の弱そうな、虚弱体質のリキシャーマンだった。

「Lonely Planet」には、ブバネシュワールではリキシャーに乗れば、市内どこでも20ルピーで行くと書いてある。
僕はこのとき、かなり気分がハイになっていた。

だって、2005年のインド旅行の目的は、ほとんど完成されてしまったのだから。
バンコクからチェンナイに飛んで、ポンディシェリーを見た。

チェンナイから、列車でバンガロールへ。
バンガロールからホスペットまでは、公営のセミデラックスバス。

ハンピ遺跡をツアーバスで見て、ゴアへ下った。
ゴアはちょうど雨季が明けたばかりで、懐かしいアンジュナビーチへも行った。

そのあと、ハイデラバードへ。
ハイデラバード駅で翌朝出発の寝台車の切符を入手して、24時間かかってブバネシュワールへ来たわけだ。

あとは、プリーをちょっと見て、プリーからコルカタへ移動すれば、2005年のインド旅行は完成する。
ゴアからハイデラバードへの夜行バスもきつかった。
ハイデラバードからブバネシュワールへの寝台車も、ちゃんと降りられるかどうか心配だった。
その他、この旅行記に書いてないことでも、いろいろと神経を疲れさせるようなことはあった。

でも、そのすべてを無事に、やり遂げた(または、切り抜けた)。
残ってるのは、プリーからコルカタへの列車だが、これは列車に乗ってひと眠りすればいいだけだ。

なにしろ、終着駅がコルカタの「ハウラー駅」で、乗り過ごすことは絶対にないのだから(笑)。
ということは、ブバネシュワールに到着した時点で、この旅はほとんど完成したようなものだよ。

朝4時ごろに起きて、降りる駅を間違えないようにと神経を使い果たした。
また、駅に降りたら、長い間我慢して、トイレでスッキリと大ができた。

このすべてがうまく行ったことに対して、またそういう運命を与えてくれた神様に感謝のキモチを表したい。
それで僕は、虚弱リキシャーマンのサイクルリキシャー(cycle ricksaw)に乗った。

最初からチップを含めて50ルピーあげようというキモチで乗った。
これは、神様へのお布施のつもりなんだ。
リキシャーマンは、思ったとおり力がなくて、ちょっとした上り坂でスピードが緩み、必死で自転車をこぐ。
僕は、わざわざリキシャーを降りて、横を歩いてあげる。
思い出すよなー。
僕がまだまだ若かった1984年に、確かネパールのカトマンドゥで、やはりリキシャーに乗ったことがある。
リキシャーマンは、よぼよぼのおじいさんだった。
その時も、全く力がなくて動かないので、リキシャーを降りて、その上に押してあげたっけ。

でも今度のリキシャーも、上り坂では、僕は降りて、歩いた。
道路わきにバスが並んで駐車しているところへ到着。

リキシャーマンは、急に元気を出して、バスに声をかけ、僕のバックパックをバスの中に運んで、網棚に上げてくれた。
ここまでやってくれたら、心積もりの50ルピーをあげるのも気持ちいい。
リキシャーマンに50ルピー札を渡して、「キープザチェインジ!(おつりは取っといて)」と言う。
彼は「サンキュー・サー」と答える。
50ルピー(150円)で、これだけスッキリしたキモチを味わえるならば、チップは決して高くない。
チップとは、ある意味、チップをあげる人の精神を高揚させるものだね。
ブバネシュワールからのバスは、満員にちょっと足りない程度で、出発。
途中で人を乗せたり降ろしたりしながら、結局1時間半でプリーに到着。

料金は24ルピーだった。
いま考えると、ちょっとボラれていたのかもしれないね。

でもいいさ、とにかく、2005年のインド旅行の目的地の一つ、20年前から思っていたプリーに到着したのだから。
問題は、プリーの大きな通りの道端で降りたので、ビーチがどこなのかわからないってこと。
ビーチの方向さえわかれば、僕は歩いて行くつもりなんだからさ。
上海〜バンコク旅行記 タイ、インド、カンボジア旅行 アジア横断旅行
アジア インド 西インド旅行 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx