バックパッカーの集まる日本人宿「カオサントラベラーズロッジ」一階の旅人食堂で秘密情報員と話す。
バンコクのバックパッカーストリート、カオサンには日本人宿があちこちにある。
僕は日本人宿には泊まらなかったが、一番顔を出しやすい「カオサントラベラーズロッジ」によく通った。

この宿の一階には「旅人食堂」があって、昼のサービスタイム(午後2時から午後6時?)に行くと、ビールとつまみが安かったしね。

そこで、シェムリアップの「タケオ」で知り合った大学4年生の若者と、インド旅行の話をしていた。
この意味は、この若者をインドへ送り出そうと説得(誘惑)していたわけだよ(笑)。

そのときちょっと気になる東洋人を見つけて話しかけた。
なかなか興味深い人で、そのままずーっと夜遅くまで話が続いた。

僕の勘では、かれはどこかの国の秘密諜報員ではないかと思ったが、それは追求しない。
旅先の出会いでは、あれこれ詮索しないことがルールだからだ。

彼からe-mailが届いたので、問題になりそうなところを除いてここに紹介しておきます。

西本さま

カオサンのトラベラーズ・ロッジでは楽しい旅&エロ話を聞かせていただき、ありがとうございました。

HP拝見しました。膨大過ぎてまだまだほんのさわりしか読めてません。どの話も面白く、深い洞察が随所にちりばめられており、しかもタブー中のタブー情報までもさらりと書いてあることは驚愕せざるを得ません。

「韓国は日本よりももちろん北朝鮮の方が好きだから、北朝鮮の核兵器で日本を廃墟にしようと考えている。」との指摘で、これは韓国のエスタブリッシュメントが極秘にプランニングしている対日工作で、日本では一部の人間しか知らないのですが、驚きです。

「イラク邦人人質事件」の解説も面白かったです。例の三馬鹿の郡山氏とは、私は面識があって、2001年の10月にペシャワールで出会って、「ガザでデモ取材しててイスラエル軍に撃たれた」だの「なんとかアフガンに入国したい」だのと勇ましいことを言ってましたが、現実には彼は英語がダメで、紛争地帯で一人で動けるタマではありませんでしたね。誰かにいつもくっついていたのを思い出します。彼がタイ北部でエイズ取材をしたとき、ドンムアン空港から援助交際カフェに直行して、ノイちゃんだかメイちゃんとかいうお姉さんに突撃して、一緒にプーケットまで旅行したという話を、同行人から聞きました。

私は基本的に馬鹿が大嫌いなので、西本さんみたいな頭の良い人と話が出来て今回の旅行は幸運だったと思います。

次は「観光」でイスラエルに行こうかと考えています。トラベラーズ・ロッジの情報ノートをあさってみましたが、ここ数年日本人旅行者の体験は皆無でした。ロッジ隣のイスラエル料理屋(けっこう飯はうまい)でイスラエリを捕まえて話を聞いたほうが早いかもしれません。

「世界冷や汗ひとり旅」本屋で売っていないので注文しました。

では、また面白い話を期待してます。


上海〜バンコク旅行記 タイ、インド、カンボジア旅行 アジア横断旅行
アジア インド 西インド旅行 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx