『上海駅から豫園へ市バスで行って、レストランで食事のあと、小雨の中をタクシーで浦江飯店へ戻る』@上海/中国

【豫園のレストランには、食材が並んでた(2002)】
2002年7月25日、昼前に新鑑真号で上海へ到着し、浦江飯店のドミにチェックインした。
バックパックをベッドの脇に置いて、船で一緒だった日本人旅行者に誘われて、すぐに上海駅へ。
上海駅横の龍門賓館の外国人切符売り場で、思いがけなく、明日の昆明行きK79次硬臥の切符を入手してしまった。
明日26日の昼12時42分に上海を出て、列車で2泊して、昆明到着は、28日の朝になる(約44時間)ようだ。
一緒に行った日本人旅行者4人の中で、希望通りの切符が取れたのは、僕だけだった。
他の人が全員、希望の切符が取れなかったことを考えると、こんなすごいことはほとんど夢物語のようなものらしいよ。
切符を買いに行った4人でいっしょに、ホテルから上海駅へと戻るが、僕はボーッとして他の人について歩いているだけだ。
正直言うと、気がすすまなかった長距離列車に1人で乗らなければならなくなったので、ガッカリして身体の力が抜けてしまったのだ。
4人の中心になっている旅行者(センターくん)は、さすが中国旅行に慣れているようで、次にどこへ行くか考えているようだ。
彼の頭の中には、上海で何を見るか、ちゃんと計画があるようで(おそらく上海に慣れているんだろうね)、みんなを引き連れて先頭に立って歩いていく。
「次は何をするのだろう…?」と考えないわけではないが、何も聞かずに、着いていく。
どうやら上海の市バスに乗るようだ。
僕は何も考えず、みんなの行く通りについていく。
ま、これが、巷で噂の「コバンザメ式旅行法」なんだよね。
文句をいわずにみんなの行く通りについていけば、何とかなるものだ。
浦江飯店のドミに泊まるのも、上海駅横の外国人切符売り場で、明日の切符を買ったのも、自分で考えずに、他の人の後に着いてきただけだしね。
駅前の市バス乗り場で、僕たち日本人旅行者4人は、一緒に、233番のバスに乗る(2元)。
センターくんが降りるところを教えてくれて、みんな一緒に降りて、さらに歩く。
すると、中国の建物が立ち並んだ、ちょっとテーマパーク風の場所にやってきた。
これが「豫園」という有名な庭園周辺の商店街、「豫園商場」というところらしい。
結構な人出で、人を掻き分けながら、細い路を進む。
細い通りの両側には、お土産屋が並んでいて、観光客を誘っている。
僕たちは軽く店を冷やかしながら、センターくんの後に続いていく。
すると、レストランの前に着いた。
このレストランも、赤い柱だったりして、いかにも中華風の建物だ。
中に入ると、中国人でいっぱいで、円形のテーブルはすべて占領されている。
僕たちは、食事が終わりそうな中国人家族の後ろに立って、席が空くのを待つ。
このレストランは、食事を注文して、お金を払い、レシートを持って、食事が提供されるのを待つ、というシステム。
問題は、食事の名前がさっぱりわからないところ(笑)。
ただもちろん、メニューは漢字で書かれているのだから、推測はできる。
僕のつもりとしては、せっかく中華料理を4人で食べるならば、最初にスープをとって、そのあと野菜や、海鮮もの、肉料理を注文して、みんなで分けるというイメージだ。
ところが、とにかく、このレストランは人が多くて、混雑していて、そういう風にゆったりと食事ができる雰囲気ではないんだよ。
テーブルの席を確保して、ひとりひとり、注文をしに行く。
すると、ラーメンみたいなものを頼んだ人もいるので、分け合って食べられない。
僕は「牛肉鉄板」と言うものを注文したが、まさしく料理名通り、熱い鉄の板の上に牛肉がジュージューパチパチと乗っていた。
まあ、これならば、不満ではない。
牛肉鉄板(20元/300円)をつまみに、ビール(一本10元/150円)を飲めばいいのだから。
ただこのレストランはビールが高かったね。
正直言うと、一品だけでは、お腹はいっぱいにならなかった。
さいごにみんなで、小籠包(ショーロンポー)を取って、分け合って食べた。
長居できる雰囲気でもなかったので、これで昼食はおしまい。
これからもちろん、「豫園」へ入ってもよかったわけだが、僕は中国風の公園を見ることにそれほど興味がない。
小雨が振り出したので、僕はホテルへ戻ることにした。
キャミ子さんも一緒に戻るということなので、2人で戻ることにする。
他の二人とは、また夕方ホテルのロビーで会って、夕食を共にする約束をした。
このときに、中国人とタクシーの奪い合いをやったよ。
僕が止めたタクシーに、横からやってきた中国人が、平気で乗り込んでしまうんだから。
豫園と浦江飯店は思ったよりも近くて、タクシーはすぐにホテルへ到着(11元)。
ホテルに戻ったのが、多分、まだ午後3時ごろではなかったかな。
まだ日は十分に高いが、浦江飯店のドミ部屋にもどっても、居心地が悪く、なにもすることがない。
でも僕は、明日の昼には、昆明行きの長距離列車に乗らなければならない。
ということは、とにかく、上海観光名所のトップ「外灘(The Bund)」を歩かなければね。
ホテルのロビーまで降りると、また日本人旅行者と出会った。
女性も含めて4人。
この時代の浦江飯店のドミに泊まっている旅行者は、とにかく居場所がないので、ホテルのロビーに集まってた。
みんなも暇そうだったので、僕が声をかけて、一緒にバンドへと出かけました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD