『中越国境の町・河口で一泊することにして、バスターミナル、国境の橋、鉄道橋、河口駅、などを見て歩く』@河口/雲南省/中国

【河口のバスターミナル/左の道の突き当たりに「東方賓館」が見える】
2002年8月23日土曜日、午前8時半に開遠の南バスターミナルを出たマイクロバスは、午後2時に国境の町河口の道端で停まる。
これが、マイクロバスの終点だ。
結局、開遠から河口までたったの5時間半だった。
前日の昆明から開遠までが、4時間かかっている。
だから、単純計算すると、昆明から河口までは、バスで9時間半かかることになる。
昆明のバスターミナルでは、11時間と言われていたのだが…。
ただ、僕の場合は、昼間の移動にこだわったので、時間が短かったのかもしれない。
夜行バスになると、慎重に運転するだろうし、到着時間は朝になるように調整するだろうから、11時間かかるかも。
軽く河口の町を歩いて、国境を越えるのは翌日に決める。
バスターミナルの左側の道の突き当たりに、「東方賓館」を発見した。
フロントには英語の通じる女性スタッフもいて、さすが国境のホテル。
部屋を見せてもらうと、内装がちょっと悪趣味(紫色)なのが気になった。
が、部屋にはクーラーがグイーンという音を立てて、冷気を吹き込んでいる。
クーラーががんがんきいているだけで、この部屋に決定。
208号室158元、1元を15円と考えて、2370円だ。
これはちょっと高いが、明日国境越えをする予定で、まだまだ中国元が残っていた。
それと、朝からエアコンなしのマイクロバスに乗って、山道を5時間半揺られてきたのだから、軽く贅沢を自分に許した。
今度の中国旅行は、なかなかスムーズに行ったので、自分へのご褒美かな。
本当は、熱いシャワーを浴びたあと、ベッドで横になりたかった。
が、明日朝早く国境を越えるつもりなので、河口を見る時間は今日しかない。

【河口からラオカイへの国境の橋】
「とにかく河口を見にいきましょう」と、バックパックを部屋の家具にワイアロックで固定する。
デイパック一つを持って、町を探検に出る。
まず河口の大きなバスターミナルに入ってみる。
午後の時間だったせいか、ホールには人影がなく、全体的に薄暗く、がらーんとしている。
薄暗いホールにあるバスの時刻表をチェックしてみた。
今の時間帯は、バスが出発も到着もしない、魔の時間帯なのがわかった。

【国境の橋を過ぎて、全体を撮る】
国境の町・河口のバスターミナルでは、10時間程度かけて昆明へ行くバスがメインなのだろう。
朝早く河口を出て夕方に昆明へ到着するバスと、夜に出て朝、昆明へ着くバス。
河口から昆明までは、朝の8時45分に出る「高快」というバスがある。
僕の体験では、昆明から開遠が4時間、開遠から河口で5時間半、合計9時間半かかった。

【さらに歩いて振り向いて、両国の入国ゲートを撮る】
それなら、朝8時45分に河口を出るバスは、午後6時半くらいには、昆明に到着するだろう。
この時間ならば、昆明でホテルを見つけるにしても、それほど問題ではないね。
他には、夕方の6時から8時ごろにかけて、バスがたくさん出発するようだ。
これは中国名物の夜行寝台バスかもしれないね。
中国の寝台バスだと、身体を横にできるので、とても快適ですから、オススメです。
しかし、値段を比較すると、安いバスもあるので、座席だけの夜行バス、もあるかもしれない。

【河口とラオカイを結ぶ鉄道橋】
これも、昆明に早朝に到着するので、便利といえば便利かもしれない。
ベトナムから中国へ入った人は、朝でも夜でも、すぐにバスに乗って、昆明へ向かうだろう。
その意味では、開遠でわざわざ一泊した僕の旅は、貴重な体験だってことになるね。
無駄な時間を使ったともいえるが、それは考え方次第で、何でもかんでも自分に都合がいいように考えるのがいい(「世界旅行主義」)。
バスターミナルを出て、国境の橋へと歩いた。
河口とラオカイの間には、紅河(ソンコイ川・ソンホン川)の支流があり、それが国境となり、2本の橋がかかっている。
一つは両側に中国とベトナムのゲートがある、大きな橋。
この橋の両側に、それぞれの国の、入国管理事務所がある。
ちょっと気になっているのが、鉄道の河口駅だ。
僕は乗らなかったが、昆明と河口、ラオカイ、ハノイを結ぶ鉄道(昆河鉄道)は、フランスが仏領インドシナ(ベトナム)から昆明への侵略のために作ったもの。
山を縫う鉄道なので、狭軌(メーターゲージ)で建設された。
大東亜戦争の初期には、この鉄道を利用して、中国への支援物資が運ばれたもの。
日本軍の北部仏印進駐は、この援蒋ルートを切断するために行われた。
そのあと連合軍は、ビルマ(ミャンマー)経由で昆明に物資を送る「レド公路」を建設した。
それに関連して、日本軍は雲南省奥地に兵を送ったわけだ。
興味のある人は、雲南戦線の戦記などを読んでください。
鉄道橋の先に、というか手前に、当然この昆河線の河口駅があるはず。
と思って、見当をつけて歩いたが、見つからない。
この鉄道路線は、河を渡った後で、川沿いにぐるんと曲がっていたんだよ。
いろいろ歩いて、道に迷い、人に筆談でたずねた結果、誰もいない道の突き当たりに、できたばかりという感じのピカピカの駅を見つける。

【河口駅構内への入り口】
完全に人影がなく、駅自体が閉まっていてる雰囲気。
駅の表に、なにやらお知らせの紙が貼ってあった。
もちろん、その中国語が読めない。
雰囲気としては、「鉄道は走ってません」と、書いてあるのだろうと、あっさり予想する。

【河口駅】
思い返すと、開遠から河口への山道のところどころで、バスの窓から、道路と平行に走り、川を渡る鉄道線路を見た。
あの山の中をくねくねと通るのでは、この鉄道線路の建設も大変だった。
建設でも多くの人が亡くなったそうだが、線路の保守も、とても難しいだろう。
しかも、道路は狭いながらも舗装されていて、ちゃんとバスが数多く走っている。

【河口駅の掲示板(鉄道運休のお知らせと想像する)】
この鉄道自体の存在価値が疑わしいんじゃないかな。
と思ったが、その通り、いまではこの鉄道は、人は乗れず、貨物専用になっているとか。
中国の品質管理は、よくなったとはいっても(ホテルの内装や設備を見れば)頼りない。
国営の鉄道なんか、いずれ大事故を起こしそうな気がするよね(この予想通り、2011年には、中国の新幹線は大事故を起こしました)。

【河口の出入国管理事務所/HEKOU ENTRY AND EXIT INSPECTION CENTRE P.R.C.】
気になっていた、河口駅を発見すれば、他は別に見るものもない。
河口の入国管理事務所の大きなビルを確認する。
明日、このビルへ入って、中国の出国手続きをして、橋を渡って、ベトナムへ入国するわけだ。
河口の中心は本当に小さいので、すぐに歩いてしまえる。
あと、ちょっとしたスーパーマーケットを見つけた。
どうも、観光客向けの、土産や産の雰囲気もしたが。
この時期(2002年)、中国人がラオカイへ、日帰りで観光するツアーみたいなものがあったのを記憶している。
なぜわかったのかというと、ホテルにパンフレットでもあったのかな。

【中国銀行のATM】
2002年でも、中国の経済発展は、肌で感じられた。
歩いていると、中国銀行のATMを発見したので、写真を撮る。
ただ、VISAなどのステッカーが貼ってなかったので、海外のカードは使えないのではないかと思った。
しかしそれは、確認しませんでした(カードがATMに吸い込まれて出てこないと一大事なので)。
あと、東方賓館前の通りに、蛇を大量に籠に入れて飼っている蛇屋を見つけた。
それを写真に撮ろうと、カメラを構えてアングルを考えていたら、蛇屋のおじさんから大声で怒られてしまった。
写真ぐらい、いいのに…。
さらに町をぶらぶら歩くと、川沿いにベトナム商品の店がずらりと並んでいるのを発見する。
特に竹製品が目立つし、売っているおじさんがいわゆるベトナムの傘をかぶっている。
時間潰しに、ベトナムの商品を冷やかして、手に取りながら、たらたらと時間を潰して歩く。
河口には結構大きな建物もあったが、基本的には、小さな町だよ。
軽く一周すると、もう街は全部見終わったって感じだね。
河口の中心のちょっと安っぽい食堂で、ビールを飲みながら、旅行ノートに今日の出来事を記録する。
今日一日で、ちょっとしたことでも、ずいぶん目新しいことが起きた。
日本にいたら、絶対にこれだけの変わったことは起きなかった。
旅に出た一日は、最低でも日本にいる一か月以上の、ひょっとしたら一年以上の面白い話ができるね。
人が生きられるのは、せいぜい70年か80年、そしてまともに身体も頭も動くのはせいぜい50年。
だとしたら、50日も旅をすれば、一生分の面白いことが経験できるのではないかな。
明日はいよいよ、ベトナム入国です。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD